2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年6月18日 (火)

ソレダメ2019/6/5

ソレダメ2019/6/5
排水溝の匂いは氷で消える。
冷えて硬いバターは、おろし金で削る。
アミドをマジックで黒く塗ると、庭がくっきり見える。

ビーチサンダルの外れた鼻緒は、缶のプルタブで応急処置。

はちみつが大ブーム。
マヌカハニー;高い殺菌力。のどの痛み止めにも効果的。のどスプレーもある。
キルギスハニー;イが豆の鼻から取れるはちみつ。ミネラルを豊富に含む。

はちみつは、美肌効果あり。150以上の栄養成分、認知症予防にも効果あり。

花粉が含まれているから、蜂蜜はスーパーフード。
日本ミツバチの蜜は、百花蜜。いろいろな花からとってくる。
西洋ミツバチは、一種類だけ。

はちみつのフラボノイドは、認知症を引き起こす物質の蓄積を予防する。
一日大匙一杯分をとる。
トマトにはちみつ。
緑茶+はちみつ⇒認知症予防。
緑茶のエピガロカテキンガレートは神経細胞を保護し修理する。
相乗効果で認知症予防効果あり。

はちみつに含まれるポリフェノールは腎臓の働きを活発にして、血圧を下げる。
胡桃をすりつぶし、味噌とはちみつを加える⇒万能調味料。

しょうゆにんにく⇒にんにくをしょうゆとはちみつでつけたもの。
生のにんにくをビンに入れ、しょうゆと蜂蜜を加え冷蔵庫で二ヶ月寝かせる。
ポリフェノールが腎臓の働きを活発にし、アリシンが血管を拡張し、高血圧を予防する。にんにくも活用法は無限大。きざんで冷奴に乗せたり、炒め物に使ったりできる。

タウリンには肝臓などの機能を高めえる働きがある。
疲労回復効果。いか!!

高たんぱく、低脂質。世界のいかの消費量の半分は日本。

いかの下ごしらえ
頭をはずし、皮をむき、胴体を開き、骨と内臓を取る。
刺身のきり方⇒繊維と反対に、縦方向に切る。
マヨネーズで食べる。
げそはかきあげ。
ブロック状に冷凍し、凍ったままかき揚げにすると油はねしない。
凍ったまま、最古路上に切り、塩小麦粉、さらに片栗粉をまぶし、玉ねぎと卵をいれて混ぜる。これをかきあげにする。
いかは、切ってから焼くと、よい。
60度から70度くらいで、火が通る。中火で3分。
一夜干しは先に切ってから焼く。
煮物は、切らずに焼く。切ってから焼くと硬くなりすぎる。
水溶性のタウリンも流れ出なくなる。

体臭
汗臭⇒皮膚の細菌により、発生。10~30代・
ミドル脂臭⇒汗に乳酸が含まれるようになり、この乳酸を細菌が食べることで主に後頭部から発生。30~50代。使い古した油やチーズのようなにおい。
加齢臭⇒耳の裏から多く発生するといわれている。胸、おなか、背中からも発生する。
50代半ば以上では、皮脂の成分が変わり参加しやすくなる。皮脂が参加すると枯葉や古本のようなにおいhが発生。

汗臭の対策はさらさら汗をかくこと。
汗腺が正常なときは、さらさら汗。
汗腺の働きが悪いときはネバネバ汗をかく。ネバネバ汗が汗臭の原因。
汗腺は使わないと衰える、運動せず、汗をかく習慣がないとネバネバ汗になる。
ミドル脂臭の対策は、シャンプー前にブラッシングする。手ぐしやマッサージでもよい。シャワーを90度で当ててすすぐ。
襟足からシャンプーする。もみあげ、前頭部、後頭部、頭頂部の順に洗い、流す。
指を立てて頭皮をしっかり、拭き、流しきれなかった汚れやアワをふき取る。。

加齢臭の対策⇒やさしく洗う、皮脂を落としすぎると皮脂の分泌が増えて、逆効果。
手であるのがオススメ。
カシスを食べる。
抗酸化作用を含む成分が多く含まれていて、食べると皮脂が酸化されくくなる。

カシスジャムもOK。
第4の体臭⇒疲労臭⇒なかなか落ちない。

アンモニア臭。
肉体的な疲れ、ストレス、便秘など。肝機能が低下し匂いが発生、30代から50代。

オルニチン回路⇒尿路回路とも言われ、体の中に発生するアンモニアを尿素に変える。
肝臓の仲の細胞にある回路。
アンモニア⇒シトルリン⇒アルギニン⇒尿素
疲労などで、肝機能が低下すると、アンモニアのまま肝臓から血流に流れていく。
疲労臭対策⇒十分な睡眠、しじみやシメジのオルニチン。
超最新スクープ:ラクチュロース
オリゴ糖の一種。腸まで届き、ビフィズス菌を増やし、アンモニア臭を減らす。
ラクチュロースの入った飲料、ヨーグルト、サプリは売られている。

飛ぶだけダイエット
ジャンプはランニングの1.2倍のカロリーを消費する。
体感を意識する。ウエストが締まってくる。
腰に手を置き、つま先だけで小刻みにジャンプ。20秒とび、10秒休憩、これを4セット行うのが基本。
かかとをうかす。

二の腕がしまるモンキーアーム。
足は前後に入れ替えながらジャンプし、同時に手は上下に入れ替え。
20秒とび10秒休憩し、4セット。

おなかとお尻にきくペンジュラムジャンプ
振り子。手を前に出した状態で、
両手を合わせて胸の前に出す、片足を真横に振り上げ2回ジャンプ。
足を変え2回ジャンプ。
20秒とび、10秒休憩、4セット。

 

 

主治医が見つかる診療所209/5/30

主治医が見つかる診療所209/5/30

林先生発症のサイン
①首の左側に違和感
寝違えたかなと思った。
②テレビ番組を見ていたとき、気がついたら、急にコマーシャルになっていた。家族に聞いたらその間いびきをかいて寝ていた。数十秒の間意識を失っていた。
③その後「なんだったのかな」と思った瞬間、滝のように汗をかいた。

痛みがまったくなかったため、そのまま寝た。

次の日、父親の主治医に会ったとき、相談し、検査したところ、心筋梗塞を起こしていた。右の冠動脈の根元が完全に詰まっていた。

心筋梗塞:心臓に痛みがなく、首や腕など別の場所に症状が出るケースもある。
林先生の父親は、のどにしみる感じがしたといった後、救急車で心筋梗塞が見つかった。

実際には、心筋梗塞、狭心症の放散痛は、かなり広いエリアに起きる。
耳から、へそまでの左側のどこに起きてもおかしくない。奥歯など。

ちょっとでも気になったら、救急車を呼ぶ。AEDの場所をチェックしておく。

林先生は、1年前から、ハードな筋トレと糖質制限ダイエットを実践し、2ヶ月で10キロ減らしていた。これが心筋梗塞の原因になった可能性あり。その後悪い生活習慣に陥っていた。糖質=悪いものという意識が非常に強くなって、たんぱく質、脂質もある程度制限して食べなければいけないのに、「お肉ならなら食べてもいいんだ」という形になってしまって、最終的にはそれが内臓脂肪になってしまった。大量の脂質をとる生活になっていた。抵当質ダイエットを否定するわけではなく、糖質制限を都合よく解釈してしまった。
痛みを感じない心筋梗塞⇒糖尿病により、神経が破壊されるため、痛みを感じにくくなる。現在は、糖質制限をやめ、バランスを重視した食事にしている。

レタス、プチトマト、焼き鮭、納豆、玉ねぎの味噌汁、昆布、ご飯。
7年間再発なし。

糖質制限ダイエットの落とし穴
太っていたときに、糖質をたくさんとっていた。糖質をエネルギーに変える生活だった。いきなりばたっと糖質をやめると、体がたんぱく質とか資質をエネルギーに変える回路に変わっていない。そのため、血糖値が下がってきたときに、交感神経が緊張して、高血圧になりやすいし、血管も萎縮しやすい。
一日1回の食事では、炭水化物を抜いて、2回は炭水化物を食べる・だんだん慣れてきたら、2食で抜いて、1食では食べるというようにするとよい。
長年糖質をたくさんとっていた人が、急にとらなくなると、高血圧になる場合がある。心筋梗塞などの突然死を招く病気のリスクを高める。

高血圧の落とし穴
日中高くないが、夜高血圧の人が危ない。朝起きたとき、血圧が高めの人は夜間高血圧の恐れがある。

ビタミンをきちんととらないと、若々しさや寿命に影響する。
インフルエンザやがん予防に効果あり。
食べ物でしか補給できない。
日本人はビタミン不足。

ビタミンBCDが大切。
欠かせない6大栄養素:炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維
ビタミンD⇒骨や筋肉を強くし、免疫力を高める。
かぜやインフルエンザ予防、がん予防(発症リスクが25%低下)
ビタミンDは、食べ物以外からも補給できる⇒日光浴。

ビタミンD⇒脳と筋肉の強調関係を高める。転びにくくなって、骨折も抑えられる。
血液検査でビタミン量をはかることができる。

ビタミンDを含む食品:魚介類、卵黄、きのこ。
しらすがおすすめ。
生シラス<しらす干し<ちりめんじゃこ

ビタミンD不足⇒うつ病やアルツハイマー病。
シラスサラダにかけるもの:ごま油。
ビタミンDは脂溶性。
油と一緒にとると効率よく吸収できる。
シラスのかき揚げ。
シラス母子入り卵焼き。
しらすと小松菜の炒め物。
たたみいわしでチーズと海苔をはさみ、焼く。
ビタミンD+カルシウム+ビタミンK⇒骨を丈夫にする。

ビタミンC:抗酸化ビタミン、活性酸素を退治。老化を防ぐ。肌荒れや目の老化予防。

レモン、アセロラ。じゃがいも。
調理の手順で激減する。
上山医師⇒ビタミンCは血管の壁を作るのに最終的な決め手。
びたみんC不足は重篤な病気になる。

鬼おろし:大根をおろしたときに、水分がほとんど出ないため栄養が多く残る。
大根は川後と下ろすのが正解(皮に多くの栄養がる)

枝豆はゆでると、水にビタミンCなどの栄養が逃げる。
フライパンで蒸し焼きするのがよい。ふたをして、5分蒸し焼きにし、オリーブオイルをかける。脂溶性のβカロテンが含まれているので、オリーブオイルで吸収率アップ。

人間に必要なビタミンB⇒B1、B3、B6、B9、B2、B5、B7、B12.
1,2,3,5,6,7,9,12.
発見された順番で数字が付いている。

B1とB2が重要。
疲労回復⇒ビタミンB1
うなぎ、ぬか漬け。
肌荒れ予防⇒ビタミンB2
豚のレバー。
レバニラ炒めを作るときのひと手間⇒さっと油でいためておく。片栗粉などをまぶしていためる。牛乳に漬けるのは、水溶性なので、流れ出てしまう。

レバーペースト
餃子
ビタミンB群は豆類に多く含まれている。

ビールに枝豆は理にかなっている。

2019年6月 6日 (木)

ソレダメ2019/5/15

ソレダメ2019/5/15

洗濯機には、テニスボールを入れると頑固な汚れも落ちる:クリーニング店でもやっている。たたき洗いの効果がある。
ご飯の冷凍方法⇒丸型にするとむらなく温まる。
わさびがツーんとしたときは、マヨネーズをなめる


卵のコリンという栄養成分に注目が集まっている。
コリン:神経伝達物質を作り、脳機能を改善し記憶力や集中力アップに効果的。
認知症予防にも効果的。
新常識!!
ゆで卵は新しくないほうがおいしい(炭酸ガスが抜けるため)。
卵をコーヒーに混ぜると疲労回復に効果的。
ベトナムのエッグコーヒーの作り方⇒卵黄2個、コンデンスミルク大匙1をあわ立てて、コーヒーに混ぜる。

卵黄に含まれるコリンがコーヒーと相乗効果で効果的。
冷蔵庫の野菜室が卵用によい。
生卵のほうがゆで卵よりも長持ちする。
殺菌作用のある卵白のリゾチームがゆでると壊れてしまうため。

卵を味噌でつけると健康面でも最高。両方のたんぱく質がとれ、抗酸化作用、老化防止作用、脳の活性化作用も、ダブルでパワーアップ。
ラップに味噌大1をおき、ゆで卵をおきながら、卵の周りの味噌を伸ばし、冷蔵庫で1日保存すれば完成。

糖質制限では、カロリーと糖質を勘違いしていると失敗する。
糖質を抑えるなら、マヨネーズ>ノンオイルドレッシング(甘味料が糖質)
糖質を抑えるならカルボナーラ>ペペロンチーノ
にんにくには糖質が豊富。
生クリームや卵などがパスタの糖質をコーティングするので糖質の吸収を緩やかにする。
糖質を抑えるなら、うどん(70g)>春雨(100g)
春雨には糖質が多い。
和食はヘルシーと思われているが糖質が多い。
醤油、砂糖、芋などは糖質が多い。
血糖値の急上昇に要注意⇒ベジファーストではなく、ミートファースト。
肉は胃にとどまる時間が2倍になるため。
2016年イギリスの研究結果⇒
パンにバターを塗って食べるほうが、糖質の吸収が緩やかになる。
パン1枚にバター10g。
ご飯より炒飯、
ご飯半分の100gにマヨネーズ大1。

糖質と脂質を一緒にとるほうがベター。
アメリカの糖尿病学会では、糖質の前に脂質を取るように指導している。

糖質のなかでは炭水化物よりも果糖のほうがくせもの。
一軒体によさそうな果糖は老化の原因になる悪者。すぐに骨にくっつき、骨のたんぱく質を硬くして老化を促進する。
加藤の吸収を抑えるものがある。先に緑茶をとっておけば、果糖の悪影響を防ぐ。
濃い緑茶を飲んでから、バナナ、りんご、びわ(特に果糖が多い)を食べるとよい。


★糖質を抑えるにはまず肉から!
★炭水化物は脂質と一緒に食べる!
★フルーツを食べる前に緑茶を飲む!

最新防犯知識
改元詐欺、架空請求
不在通知を装ったSMSが届き、偽サイトに誘導されてしまう。
ネオ架空請求⇒簡易裁判所から支払い命令が届いた。実は本物の簡易裁判所からの請求書が届くことがある。無視すると4週間後に地獄を見る。
無視⇒2週間後支払い督促⇒2週間後裁判所の強制執行。
うその支払い督促により裁判所が強制執行した!
うその支払い督促だとしても、異議を申し立てないと、認めたことになる。証拠を提出しなくても、認められてしまう。
同封されている意義申立書に署名し返送すればよい。
本物と偽者の違いはどうやって見分ければいいのか⇒
書類に書いてある番号に電話する。消費者センターに電話して確認してもらう。
裁判所のホームページに書いてある番号と照らし合わせる。
本物だった場合、2週間以内に意義申立書を郵送する。

空き巣や強盗は下見をする。SNSで情報収集。

前田美波里ののエゴスキュー体操。
①足幅を握りこぶし一つ分開いて立つ。
②手のひらを下に向けて腕をあげ指の第2関節を曲げる。
③肩甲骨を内側に寄せそのまま腕を回す 40回
④手のひらを上に向け腕を後ろ向きに回す。 40回

1日1セット朝起きたらやる。

おしりウォーク!
一番大きな筋肉。一生動けるために。

①足幅をこぶし一個分開き、お尻を突き出す。
②おしりをひきながら、手を当て足踏みする。
このアヒルウォークは歩いたほうが効果的。

これを進化させたダチョウウォーク。前にどんどん進む。
中臀筋を鍛えるかにウォーク
①おしりを突き出し、アヒルの姿勢を作る。
②右に哀史を開き、横に一歩移動する。
③左に足を開き横に一歩移動する。
1日15回③セット。

腸骨筋を鍛えるフラミンゴウォーク
①重心をかかとに置き、右足を90度にあげる。
②足を水平より上に振る。
腸骨筋といって骨盤を前に立たせてくれる筋肉。足を上げる筋肉が弱くなるとおしりの筋肉も弱くなる。ぐらつく場合は壁につかまってもよい。

 

林修の今でしょ講座209/5/21

林修の今でしょ講座209/5/21

ブロッコリーはダイエット食材にむいている。
風呂起こりーの糖質は白米の約60分の1、
カロリーは白米の約6分の1。
食物繊維は白米の約12倍。
★週一回白米をブロッコリーに変えるだけでもよい。

ブロッコリーにはスルフォラファンが豊富。
アブラナ科野菜(他にはキャベツ、白菜、大根)などにしか含まれていない成分。
がんを抑制する、強力な抗酸化作用があり、活性酸素をやっつけてくれる。
全死亡リスクを減らす要因の一つ。

★栄養成分をちゃんと取るには、切り方が大事。⇒細かく切る。
ブロッコリーは切れば切るほど、スルフォラファンが増加する。
イオウ化合物と酵素が合体して、スルフォラファンができr。

ブロッコリーハンバーグがおすすめ。
作り方:合いびき肉、玉ねぎ、牛乳、卵、塩コショウにみじん切りにしたブロッコリーを混ぜる。形が崩れないように、小麦粉をまぶして焼く。
スルフォラファンを最大限に引き出すポイントは、切った後に、数分放置する。
長く放置するとスルフォラファンは揮発してしまう。

★熱に弱いので、低温蒸しがオススメ。
最後に入れて、さっといためる程度。
牛肉とブロッコリーのオイスターソース炒めがオススメ。
マウス実験で、スルフォラファン⇒肥満改善効果も期待できる。
牛肉に脂肪燃焼を助けるカルニチンが多く含まれる。

★ちょいたし料理。⇒ツナとあわせる。
ブロッコリーのツナ和え:ブロッコリーを蒸し、麦味噌、からし、砂糖、酢をボウルに入れ、ツナ缶を入れて混ぜて、ブロッコリーにかける。

ツナのセレン+スルフォラファン⇒より動脈硬化の予防が期待できる。

セレン:ミネラル類で、魚介類、肉類、卵黄に豊富。
かつお節+ブロッコリー
豚肉+ブロッコリー
鮭+ブロッコリー

★保存場所:チルド室がベスト⇒ブロッコリーが休眠の状態になることがわかっている。芯の根元を水につけると長持ちする。
根元を水に漬けたてて保存する。
エチレンガスはエチレンガスの放出は少ないが、他の野菜のエチレンガスを遮断すると、よい。
ビニール袋に入れて保存する。

健康に負担をかけない座り方
余暇時間に1日6時間以上座っている人は、3時間未満の人に比べ、死亡リスクが19%高くなる。

足の筋肉を使わないので、血液の循環を悪くし、様々な病気の原因になる。ひざも腰も曲がり、桃の裏は圧迫されている。血管内に血の塊もできる。
腰痛、肩こり、心疾患、脳卒中、糖尿病、腎疾患、肺疾患、肝疾患、消化器疾患、神経障害、アルツハイマー病、筋菌骨格系障害など。l

WHOの警告:タバコやお酒よりも危険。

血管への負担を和らげる方法。
30分から1時間に一度立ち上がり、血流を改善する。
足を片足ずつ上げたり、足首を動かしたりする。


ソファの座り方⇒深く腰をかけ、背もたれを使うのがベスト。
研究されつくしていて、背もたれが110度、座面が5度の角度に設計されている。
膨らみが腰椎の角度にあうようになっている。背中にバスタオル三つ折か、クッションを当てて、失火し足をつけるのもよい。

ソファに浅く腰をかけ、首をもたれる姿勢⇒腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、血栓症などの原因になる。
背骨のS字カーブや首が逆向きになっている。
背もたれに肘を着き、横ずわり⇒脊椎が不自然に曲がっている。
足を組んで座る⇒4時間以上座ると、骨盤がゆがんで内臓疾患の原因になる。
時々、足を組みかえるとよい。
長時間同じ姿勢をしないこと。

椎間板ヘルニアのチェック
足をこぶし二個分くらいあけて立ち、頭肩腰椎と丸くして、前に倒して、ゆっくり前屈する。おへそ覗き込むように倒し、起き上がる。⇒痛いとき、ヘルニア予備軍。

1日30秒簡単ストレッチ。
①スキーのジャンプのような姿勢で、軽く腰を曲げ、両足のふくらはぎを握る。
②手を離さず、ゆっくり腰を伸ばす。
顔は下げず、腰と太ももの裏側をしっかりのばず。1日5回くらい。
桃浦のハムストリングが固い人は、ヘルニアになりやすい。

食事中の座り方⇒背もたれを使い、猫背にならないよう注意。テーブルとおへその間はこぶし二個分。足が浮いていると噛む力が弱くなる。
スマホを見るときは、首を曲げず、胸椎を曲げる。
人間の頭は5~6キロ。首が60度前に傾いたときの首への負担は27キロ。
耳の穴に両手を当てた位置で首を動かし、さらに下を向くときは、胸から軽くお辞儀をするように、胸椎を曲げる。
頚椎椎間板ヘルニアにならないよう注意。

床、たたみの座り方⇒片足伸ばしが一番よい。
血管や足の骨に負担をかける正座。
ひざを150度屈曲させる座り方。ひざが折れ曲がり血管を圧迫。頚骨に負担をかけO脚になりやすい。丸めたバスタオルや座布団を足とお知りの間に挟むとよい。
体育ずわり⇒ひざを抱え込む姿勢は、骨盤が後ろに傾き猫背になりやすい。椎間板に負担がかかり、内藤や血管が圧迫され、消化不良や動脈硬化につながることも。
骨盤を立てるとよい⇒様骨の先端と頭が画一直線。ひざの角度をゆるくし骨盤を立てる。座椅子を使えば、骨盤が立つ。
あぐらも腰や内臓に負担がかかる。猫背になりやすく、尾lしりの下にバスタオルや座布団で高さを作るとよい。
片足伸ばしは、バランスがとりやすく骨盤が立ちやすい。左右の坐骨に均等に体重を乗せる。骨や内臓、血管に最も負担をかけない。股関節が硬い方は、ひざを立ててもよい。

 

2019年5月20日 (月)

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14 名医とつながるたけしの家庭名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14 の医学2019/5/14

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14

■5月の医食旬材
DHA、EPAは、血糖値低下、血圧低下⇒脳卒中、心臓発作、血管の病のリスク低減
プラークを除去し、血管を柔らかくしなやかな状態に戻してくれる。
5月に、EPAが通常の7倍、DHAが1.5倍になっている。

なぜ5月に増えるのか?
九十九里は日本一のいわしの町。
この沖合いに、暖流と寒流の潮目があり、海底がかき回されて、プランクトンが大量に発生する。それをめがけて、いわしが産卵のための栄養補給に集まるのが5月。

いわしの効率よく摂取するための調理法
①お刺身。
漬けダレ;醤油100cc、みりん10cc、生姜少々、にんにく少々
につけてから、ご飯にのせるいわしの漬け丼。
薬味に、にんにく、しょうがなどの抗酸化作用の強いものがいい。
②いわしのホイル焼きがおすすめ。
いわしのホイル焼き2人前;いわし2尾、にんじん10g、小松菜10g、たまねぎ30g、しめじ20g、塩コショウ少々、バター10g
アルミホイルで包み、フライパンで蒸し焼きにする。
レモンを絞っていただくと、カルシウムも摂取できる。


■コレステロールを減らす科
隠れ悪玉コレステロールとは?

コレステロールの3割は、食事から、7割は肝臓で作られる。
食事由来では、肉の脂身が、コレステロールを上げる。
動物性脂肪のほうが、体に入った後コレステロールに変化しやすい。
横手幸太郎先生(千葉大学)

隠れ悪玉コレステロール=レムナントコレステロール
アメリカ心臓病学会の研究⇒
薬でコレステロール値を下げた患者のうち50%~80%が心血管疾患を発症している。その原因は、健康診断では見つからないレムナントコレステロール。

食後2時間の血液を採血し、遠心分離機でで10分高速回転させる。すると3層に分離。血球成分+分離材+血清(コレステロール、中性脂肪、血糖などの成分)

血清⇒健康な場合は黄色く澄んでいる。
  ⇒レム何度コレステロールが存在していると白く濁る。

小腸で吸収された脂肪⇒肝臓でコレステロールと中性脂肪に変化。
コレステロールと中性脂肪は一緒に血管から全身へ。全身をめぐるうちに中性脂とコレステロールは切り離される。⇒中性脂肪はエネルギーに、コレステロールは細胞の材料になる。しかし、必要以上に血液中に増えると、コレステロールは中性脂肪とくっついたまま、漂い続ける。これが、レムナントコレステロールの正体。血管の壁から進入し、プラークを形成し、血管を詰まらせる。
LDLをさげるだけでは、だめ。

レムナントコレステロールが増える原因
⇒脂肪分の摂りすぎor中性脂肪の値が高い
①20代の頃より10キロ以上太った;内臓脂肪がたまっていることが多い。
⇒脂肪が肝臓へ⇒レムナントコレステロールがたまる・
②食後の甘いものの摂りすぎ。

中性脂肪は脂肪と名前は入っているが、糖分で増えやすい。
中性脂肪が増えるとレムナントが増えてしまう。
レムナントコレステロールを増やす糖分はお菓子だけではない。炭水化物にも糖分が含まれている。
炭水化物から摂取した糖分が、肝臓で中性脂肪に作り変えられると同時に、食後すぐのお菓子を食べると、肝臓は糖分で溢れる。
⇒多くの中性脂肪が作られる。
⇒増加した中性脂肪に、より多くコレステロールがくっつく。
増えたコレステロール+中性脂肪⇒レムナントコレステロール化

コレステロール、中性脂肪、血糖値の高い方は、食後のデザートに注意。総量が問題

レムナントコレステロールを減らしてくれる物質LPL
LPL⇒血液中を漂うレムナントコレステロールを分解する。
LPLを増やすとレムナントを減らせる。
LPLをふやす方法⇒筋肉をつけるのではなく、使うようにする。

年をとると筋肉量が減る⇒LPLの量も減る。
必死に筋肉をつける必要はない。
筋肉が少なくなっていても⇒残った筋肉を有効に使ってLPLを増やすことが可能。
⇒1階分以上階段上り下りを増やす。

階段の上り下り⇒最も大きい太ももの筋肉を使う⇒少なくなった筋肉でもLPLを活性化1階分の上り下り⇒30段分、

便秘解消⇒食物繊維豊富なココアを飲む。
    ⇒ヨーグルトときな粉。
    ⇒腹筋運動。
水上先生からの電話一本で、気持ちを楽にするだけで、便秘解消。
不安を取り除くだけで、便秘解消。何をやっても変わらない便秘の中にはストレス性のけいれん性便秘がある。およそ5割。

ストレス・不安を脳が感じ取る⇒大腸がけいれん⇒収縮

けいれん性便秘の特徴
①便の形状がコロコロ。
1~2センチの硬い便、不安・ストレスなどで、大腸が収縮⇒便が圧縮し、水分が失われる。
②便秘になるタイミング:生活環境が変わると便秘。体質的にわずかなストレスでも、大腸が収縮し、便秘になる。

腸が開く簡単リラックス法
便秘のこと回数が出ないとか、悩む考えが頭に浮かんできたら、目を閉じて深呼吸をして、ふうーっと吐くときに、その考えを流してあげる。腸の痙攣が取れて出るようになる。2秒息を吸う。
5秒息を吐く。

2019年5月19日 (日)

主治医が見つかる診療所209/4/25

主治医が見つかる診療所209/4/25

肺活量が多くても1秒量が少ないと肺年齢が高くなる。
疲れやすい、肩こりなど。

1秒量が少ない人は、心疾患で突然死するリスクが3倍(アメリカの心臓学会)
しっかり吐くこと、1秒量を多くすることが大事。深い呼吸になるから、しっかり酸素を取り込み、免疫力がアップして、病気になりにくくなる。
血流アップ。代謝アップ。やせやすい体になる。

肺年齢と実年齢の差が大きいほど、男性は腹囲と中性脂肪の値が高い。南雲医師
肺年齢が高くなり、呼吸器に障害があると、骨ももろくなり、骨折しやすくなる。

肺年齢が高いと麻酔のリスクが高くなる。術後の呼吸器管理が難しくなる。全身麻酔が難しくなる。

深呼吸。すべて吐く⇒吸う。
呼吸というのは、呼吸筋で行われる。敗訴のものは動くことができない。
呼吸筋は20種類以上。
①横隔膜⇒加齢や運動不足で硬くなる。オススメは、横笛呼吸。
1.口を横に広げて薄く開く。
2.10~15秒かけて、息を吐き出す。
3.吐ききったと感じてから、さらに息を吐きながら、体を前に倒す。
4.口を閉じ、鼻から5秒かけて吸う。
普段の動作では、息を吐ききることがないが、
息を吐ききってあげることで、横隔膜をより上下させることができる。

②肋間筋⇒息を吐くときに使う。自由度を広げるストレッチが必要。わき腹ストレッチ
1.背筋を伸ばして座る。
2.頭と腰に手を当てる。
3.息を吐きながら、体を横に倒す。
手を上げたほうの脇をゆっくりのばす
肋骨と肋骨の間が広がっているのを意識する。
4.息を吸いながら体を戻す。
肩甲骨の下のスキマに手を入れてほぐす。

横になっておなかの上に本をおく。吐いて吐いてというと、本が沈んでくるのがわかる。吐ききり、すっと息を吸い込むと本がズっと上がる。腹筋運動にもなるのでオススメ。

呼吸と自律神経は密接な関係がある。
息を吸うと交感神経が優位になり、痛みとか緊張が強くなる。
息を吐くと、その逆。
緊張をなくすには、息を吐く。
肺年齢を若返らせる方法⇒鼻歌。
鼻から吐き出すのは難しい。
より多く、横隔膜を使わなければならない。

鼻歌を歌うと肺に圧力がかかり、気道が広がって、呼吸も楽になる。
吐ききるのが大事。海という歌を、1フレーズ続ける。10秒続けると、40代くらい。吐ききってから、吸って、やる。

林修の今でしょ講座2019/5/7

林修の今でしょ講座2019/5/7

健康長寿のお年寄りが5月に食べる食材

新じゃが
みかんに匹敵するビタミンC
皮にすごいパワー

■じゃがいものビタミンCをとると、血管を守ってくれる。
血管の中の活性酸素を除去する。
★ジャガイモとほうれん草とベーコンのソテー

■じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れない。
でんぷんがビタミンCを守っていた。

■ビタミンCを最も効率よく取れる料理はカレー。
ゆでると、水にもビタミンCが溶け出してしまうから。
できるだけ大きめに切る。

■ビタミンCも効率よく取れる調理法は、皮ごとゆでる。
皮がビタミンCの流出を防ぐ。
じゃがいもの皮には健康長寿につながるビタミンや食物繊維が豊富。

■最も効率よく取れる加熱法は電子レンジ。加熱時間が短いから。
電子レンジを使ったじゃがバターがおすすめ。

■新じゃがのすごいところは、2倍くらいビタミンCが豊富。

■最新研究:皮の秘密
皮を食べると、増えるのは、肌によいコラーゲン。
可能性の段階ではあるが、コラーゲンを作るスイッチを入れるのではないか?

 

名医の太鼓判2019/4/29

名医の太鼓判2019/4/29
名医が教える健康料理

5位:卵1個をご飯にかけるだけで、栄養価が上昇し、血糖値スパイクを防止する。
卵かけご飯の人気急上昇。
卵黄に含まれるコリン⇒記憶力、学習能力アップ、認知症改善。
コリンは体内に入ると、神経伝達物質が生成され、脳を活性化させる。アルツハイマー病・予防認知症予防・神経回路改善。
コリンは熱に弱い。

冷凍卵の作り方⇒殻のまま保存袋にいれ、空気を抜いて密閉し、そのまま冷凍庫へいれ、一晩凍らせる。流水につけながら、むき、1時間半置き解凍。うまみが増し、山後おにぎりが作れる。
認知症は脳の栄養不足でも起きる。脳の栄養不足を補うには栄養の王様である卵がいい。

10位;脂肪のさびを落とすしゃぶしゃぶ。
若返りのビタミンE;お茶に含まれる。64.9mg
お茶しゃぶしゃぶ。
豚肉+お茶しゃぶしゃぶ
お茶がら+しょうゆ+かつお節⇒お茶のおひたし。

9位;血糖値の上昇を抑える肉じゃが:砂糖をマービーに変える。
約9割の病院で使われている。マービーは人間には分解されない糖でできている。
カロリーは砂糖の半分。

8位;肝臓が若返るとんかつ
ポークペプチドが肝機能を若返らせる。
キウイをかけてもみこみ、2,3時間つけおく。
アクチニジンがたんぱく質をほぐし、ポークペプチドを大量に増やす。
水島博先生
とんかつの作り方
火をつける前に、とんかつを入れる。弱火でスタート。
60度で火が通る。
温度をゆっくり上げる。60度で7分、裏返して、2分。
一度だておいて、さらに、200度で30秒~1分。

7位;頭がよくなるトマトカレー。
脳の働きを活性化するには、血流量が増加する必要がある、トマトのリコピンが血管を拡張させる働きがあり、脳に流れる血流量が増える。前頭葉には、記憶力、判断力、注意力が高まる。
熱を加えないとリコピンが活性化しない、
カルダモンが脳を活性化する。
脳の酸素量を増加させる。

6位;納豆を入れた腸活ハンバーグ。
ひきわり納豆をひき肉に入れる。

4位;から揚げ。
大豆から上げ粉に変え、米油に変える。。
米油は悪玉コレステロールの吸収を抑える。

3位;餃子。
豚肉ではなく、ラム肉に買える。
にらには、アリシンが入っていて、血液さらさらになる。
30分冷やし、包丁でみじん切りにする。
ラム肉、鮭、生姜、にんにく、オイスターソース、にら、白菜。ごま油。

2位;血管が若返るにんたます味噌汁
玉根食い含まれるケルセチンが血管を柔らかくし、動脈硬化を予防する。
にんにく、玉ねぎをすりおろす。
酢。
味噌玉を作っておく。
みそ100g、にんにく1片、たまねぎ1玉、お酢大匙1。玉ねぎとにんにくをすりおろし、600wの電子レンジで、4分加熱。味噌とお酢をまぜあわせ25gずつにまとめておく。冷蔵庫1週間、冷凍庫1ヶ月もつ。

1位;豚肉のしょうが焼き
ビタミンB1の吸収率10倍。
ビタミンB1;糖質分解、肥満防止、睡眠改善、脳の活性化など
アリシンがビタミンB1の吸収率を10倍にする。
ロース肉にはビタミンB1が一番多くばら肉の1.5倍。
小麦粉をまぶして焼くと流出防止。
キッチン真壁のしょうが焼き。

豚のスペアリブを小麦粉でコーティングし、玉ねぎとしょうがのすりおろしを加え、マイタケ、りんご酢を加える。マイタケのビタミンDがカルシウムの吸収を促進。醤油とみりん。酒を混ぜ合わせたたれをかける。

 

2019年5月12日 (日)

梅沢登美男のズバッと聞きます【日常に潜むがんの予兆医師が勧める食事検定SP】209/3/13

梅沢登美男のズバッと聞きます【日常に潜むがんの予兆医師が勧める食事検定SP】209/3/13

大空真弓
乳がんの予兆:ファンデーションの色が合わない。顔色が悪い
食道がんの予兆:水を飲んだとき詰まる。

マイタケを食べれば血糖値の急激な上昇、過剰な吸収を抑える効果がある:βグルカン。
マイタケファースト。

マイタケ茶:水600ccにまいたけ1パックを入れて、中火で30分煮だしたもの。
水筒に入れて持ち運びできる。
マイタケのβグルカンは水溶性の食物繊維のため、煮出して飲むだけで効果あり。
中性脂肪が下がり、継続すれば、内臓脂肪も下がり、メタボリックシンドロームの改善になる。
ミールタイムの宅配で健康になる。

この差って何2019/3/26

この差って何2019/3/26
健康長寿が食べている食べ合わせ
1位  豚肉
2位  ヨーグルト
3位  豆腐
4位  さば
5位  キャベツ
6位  鶏肉
7位  納豆
8位  さけ
9位  梅干
10位 トマト


きゅうり+梅干+酢+砂糖+わかめ
梅干とわかめを一緒に食べると、わかめのカルシウムの吸収率が上がり、骨粗しょう症の予防になる。

動脈硬化予防には鮭とブロッコリーのシチュー。
ブロッコリーのビタミンCと鮭のアスタキサンチン画一緒になると、アスタキサンチンの効果が長続きする。

さばとりんごで認知症予防
焼きさばにすりおろしりんごをかける。
さばのDHAは血管内で活性酸素に攻撃されて、脳までたどり着けない。しかし、りんごのりんごポリフェノールがDHAを守るので、脳までたどり着ける。

ヨーグルト+はちみつ漬けの玉ねぎ⇒腸内環境の改善になる。
玉ねぎにはちみつをかけておく。

水溶性食物繊維をビフィズス菌が好む。
水溶性食物船が豊富なのは玉ねぎ。

豚肉+さつまいもが豚肉の健康効果を高める。豚肉にはビタミンB1が豊富。
豚肉の脂が動脈硬化や老化を進める。脂質を酸化しないようにビタミンE
豚肉をいためて、水を加え、サツマイモを入れて煮る。醤油と砂糖を入れて、玉ねぎを入れる。

豚肉の脂質が酸化すると過酸化脂質になり、動脈硬化の原因になる。細胞の中に入ると細胞の老化を引き起こす。ビタミンEが過酸化脂質になるのを防いでくれる。

 

«1万人の国民が選んだ冷凍食品総選挙(756品)