2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 健康情報があふれています | トップページ | 血液さらさらにして突然死しないぞ4月26日 »

2018年5月 7日 (月)

実は怖いヘルペス4月29日

三叉神経の神経節にヘルペスウィルスは潜んでいると。

きっかけがあると増殖し、神経を通って皮膚へ移動し、目や鼻の皮膚に到達し水ぶくれを作るのだとか。
きっかけとは、免疫力が低下すると、増殖する。。。
睡眠不足や、疲労、夏の紫外線など。。。

ランゲルハンス細胞というのが、皮膚の免疫をコントロールしている司令塔。

ランゲルハンス細胞は、夏の紫外線でダメージを受けるのだとか。
強い紫外線でダメージを受けると、ヘルペスウィルスが増殖しまた神経節に戻る。
ウィルス量が増えると再発するリスクが高くなる。

ウィルスをなくす方法はない!!
神経節に潜伏感染しているウィルスを殺そうとすると神経細胞を壊さなくてはいけない。。そういう薬剤はないと。。。とにかく再発させないこと。
そのためには免疫力。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品で腸内環境をよくすると、免疫細胞が活性化する。

あとはお風呂。41度で入浴すると、副交感神経や優位になり免疫機能が高まる。

化粧を落とすときに、水泡が破れたり、かさぶたが取れると、ウィルスが拡散してしまうので、なるべく触らない。
人に感染させない。

帯状疱疹の発症率が増加中。
同じウィルス。

最初わきばらに赤い発疹がでて、痛み始め、増えていく。
激痛を伴う。。聖人の9割に発祥の可能性がある。水疱瘡のウィルスが原因。

そのウィルスが潜伏して生き延びている。

50台で発症率が急上昇。

なぜか?
水疱瘡ワクチンで子供の水疱瘡が減った。
昔は、子供の水疱瘡で大人の免疫力が活性化していた。

帯状疱疹は、一刻も早く病院に行き治療を開始しなければ、後遺症が残る。
ひどい場合24時間痛む。
治療が遅れると、炎症により神経が損傷することがある。

後遺症は、めまい、脳炎、顔面麻痺、軟調、暴行直腸障害、角膜炎など。

見極め方

1.前駆痛
発疹が現れる数日前に痛みが現れることが多い。

2.発疹に痛み。
虫刺されは、かゆみを伴うことが多いが、帯状疱疹では、まれで、痛みが主な症状。

3.左右片側で帯状。

症状が出たら、3日以内に治療開始すべし。
帯状疱疹ワクチンは1万円で7~8年有効。





« 健康情報があふれています | トップページ | 血液さらさらにして突然死しないぞ4月26日 »

健康カプセル」カテゴリの記事