2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この差ってなんですか2018/082/6 | トップページ | たけしの家庭の医学2018/02/06 »

2018年6月26日 (火)

主治医が見つかる診療所2018/01/11

主治医が見つかる診療所2018/01/11

今年身につけるべき習慣
上山医師:ワンアップツーダウン
二階おりる一階あがる分は階段を使う。
中山医師(リューマチ)
電話をかけるとき立ち上がってかける。歩き回ればもっといい。
秋津医師
リモコンはあえて機械のそばに遠くに置く。
大森正司農学部教授
食事のときお茶を飲めば脂肪の吸収を抑えて。一年で4キロダイエットできる。
カテキンが、脂肪の吸収を抑えてくれる。
脂肪は酵素により腸で吸収される。
緑茶でダイエットを期待するには、入れ方が重要。
茶葉の量はスプーン一杯で3グラム。熱々の湯でいれて、3分間待つ。
最後の最後の一滴まで、カップに入れる。
2時間おきぐらいにちょこちょこのむ。家的は3時間で排出されてしまう。
テアニンは、冷たい緑茶にでるもので、リラックス効果あり。
川村医師
食事のときによくかむ習慣をつける。
満腹感が得られ。食事の量が減る。
一口30回かみましょう。一口を4分の一にきって食べる。
ウサギと亀のリズムでかむ。
ちょいたし食材(中山先生)アーモンドかくるみを振りかける。
谷口優医学博士。草津町の健康プロジェクト
認知症予防のため歩幅と早歩き。
歩幅狭い人のリスク3.39
普通       1.22
広い       1

腕を後ろに振る。後ろに引くような歩き方になる⇒歩幅が広くなる。
3分の早歩きを一日三回する。
歩く早さ遅い人の死亡リスク 2.2
普通            1.4
速い            1

腰痛予防の前にキックお尻にキック。
西良浩一先生
太ももの前後の筋肉が悪化すると腰に痛みが出る。
根ながら右ひざを抱えて、片足を上に上げ、両手でももの裏を押さえたまま、上に蹴り上げて5秒間キープ。ひざは曲がっててもOK 。呼吸は止めないように注意する。片足5回ずつ。
うつぶせになり、ひざを折り曲げて、かかとがお尻に届くようにキック。
届かなくでもOK.呼吸を止めない。片足5回ずつ。朝起きた時と夜寝る前一日2回。

おしっこトラブルを防ぐ習慣。関口由紀医師
一日に何回か校門をぎゅっと締める。
骨盤底筋はインナーマッスル。朝晩とつめたい水に触れるとき。朝晩は4つんばいになり、5秒間、吐きながら締める。
秋津医師
酒を飲むときはトマトを一緒に。トマトの中のある成分にアルコールを分解する成分があることがわかった。
アルコールが代謝されるとアセトアルでひとになるが、これは癌の原因物質。これも減らせる。
ヤギ医師
毎日青ねぎ(AGEを作らせない効果がある)20グラム4本分を食べる。

主治医を見つける診療所を毎週見る。

« この差ってなんですか2018/082/6 | トップページ | たけしの家庭の医学2018/02/06 »

主治医が見つかる診療所」カテゴリの記事