2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月 1日 (金)

今日の健康:慢性腎臓病2019/2/11&12

今日の健康:慢性腎臓病2019/2/11&12
クレアチニンと尿蛋白+が腎臓病の兆候。
1300万人以上の慢性腎臓病患者がいると考えられるが、自覚していなか、放置している人が多い。
腎臓はこぶしくらいの大きさで、全身の血液が大量に流れ込む。血液の中から余分な水分や塩分、老廃物を除去し、尿として排出する臓器。
慢性腎臓病はこの働きが徐々に低下し、尿を十分に作れなくなる。そのため、水分、塩分、老廃物が体内にたまり、むくみ、だるさなどの自覚症状が出てくる。そうなると透析治療などが必要になる。たんぱくは腎臓で回収しなければいけないが、腎臓機能低下でもれ出てしまう。クレアチニンから腎機能測定ツールで、eGFRを計算する。60未満は、慢性腎臓病の疑いあり。
生活習慣病【糖尿病や高血圧)か、慢性腎炎、加齢から慢性腎臓病に進行する。
生活習慣病は、全身の血管に悪影響を及ぼす。腎臓は【血管の塊】∴糖尿病、高血圧の影響を受けやすい。

慢性腎臓病と腸内細菌の関係:
尿毒素は慢性腎臓病でたまる老廃物のうち、体に有害なものをいう。
これは、さらに腎臓病を悪化させる。
その尿毒素の一部を腸内細菌の悪玉菌が作っている。すると、腎臓病がさらに悪化し、悪玉菌が増えるという悪循環になる。
便秘薬で改善する方法を考案(安倍教授)

慢性腎臓病が進行すると透析治療が必要になるだけでなく、脳卒中、心不全、心筋梗塞などが起こりやすくなる。
糖尿病・高血圧⇒動脈硬化による脳卒中・心筋梗塞
↓           ↑
慢性腎臓病⇒リンなどの物質が増加する(石灰化がおきる)

透析原因のうち、慢性腎炎比率は低下(2016年:17%)し、糖尿病比率が増加(2016年:43%)
日本人は慢性腎臓病が特に進行しやすいことがわかった。

糖尿病は全身の血管にダメージを与える。⇒腎臓の糸球体が壊れて、減っていく。
もともと日本人は、糸球体の数が少ないことがわかってきた。
アメリカ人【白人・黒人)90~100万個
ドイツ人140万個。
日本人70万個

糖尿病が原因の慢性腎臓病は、クレアチニンと蛋白尿では早期発見できないことがある。⇒腎臓の糸球体の圧力が高くなり、糸球体の出口が収縮するために、アルブミンが早期にわずかに漏れる。糖尿病の場合は特に、圧力が高まる。
糖尿病患者には、3ヶ月に1回くらい、アルブミン尿の検査をしてほしい。
アルブミン尿は30mg以上が続く場合、
蛋白尿は±が続く場合。
eGFRは60未満が続く場合
これらを組み合わせたパターン。
で慢性腎臓病を判断する。

重症度が高いほど、透析、心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まる。
【慢性腎臓病の治療】
⇒糖尿病の治療HA1C7.0%未満
⇒血圧も厳しく管理130/80未満
脂質異常、メタ簿などがあれば改善。

慢性腎臓病の治療は進行を遅らせること。
慢性腎臓病の治療【生活習慣)
⇒食塩を取り過ぎない。1日6g未満【高血圧メタボ対策)。
食べ過ぎない。
慢性腎臓病が進行したら【医師の指導により制限する・自己判断はだめ【高齢者はたんぱく質が不足しがち】】
⇒たんぱく質【食べ過ぎると老廃物がふえるので、腎臓の負担を少なくするため制限する】、カリウム【腎臓が体内の量を調節しているが、慢性腎臓病になるとカリウムが体内に増えて、危険な不整脈の原因になるため制限する)を取り過ぎない。
適度な運動。禁煙【慢性腎臓病が進行しやすくなる、脳卒中や、心筋梗塞のリスクを高める】
鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬)の使いすぎに気をつける。脱水、低血圧⇒慢性腎臓病が悪化する恐れあり。
インフルエンザ・肺炎球菌の予防接種を←治療薬が腎臓病を悪化させるのでリスクがある。

非ステロイド抗炎症薬
★処方薬でも市販約でもよく使われる薬
使いすぎ⇒血管収縮⇒腎臓の血流低下
必要以上に多く長く使わない。

脱水【熱中症、下痢嘔吐】
低血圧【高血圧の薬が効きすぎたとき】
これらにより、腎臓への血流が減ってしまう。

この差って何2019/2/12

この差って何2019/2/12

食トレンド大賞2018⇒さば缶詰
その効果は、煮池沼予防、骨を強くする、血液さらさら

いわし缶詰もさば缶詰をしのぐ効果あり。
赤石先生

いわし缶詰⇒高血圧の予防効果あり。
EPAが豊富。いわし缶詰はさば缶詰の2倍。
なぜEPAが血圧を下げるか?塩分濃度を下げようと水分が大量に血液にはいる。血液量が増えて血管をおす圧力が上がる→EPAが血管の壁を柔らかくする→血管の壁を押し上げ、圧力を逃がす→高血圧を改善。
水煮缶:2622mg
しょうゆ缶;1408mg
かばやき缶:1212mg
オイル漬け缶:1160mg
水煮缶がもっともEPA含有量が多い。
いわしの水煮缶+トマト⇒さらに効果アップ。
EPAは酸化しやすいため、トマトのリコピンと一緒にとると、酸化しにくくなり効果アップ。
★いわしの水煮缶2缶+おろししょうが+にんにく+砂糖小3+トマト2缶
⇒鍋にかけほぐす。冷蔵庫で3日保存可能。チーズを乗せるとおいしい。炊き込みご飯もおいしい★


さけ缶詰⇒老眼の改善効果あり
∴アスタキサンチン
毛様体筋が活性酸素により老化ダメージを受け、目のレンズの調節ができなくなる。
鮭缶詰+ごま油⇒さらに効果アップ
アスタキサンチンは油に溶けて、液状になるため、腸での吸収率アップするが、ごま油のセサミンで保護されるため、さらに効果が高まる。
★サケ缶をごま油でいためてフレークにする★
作りおきし、ご飯にかけたり、サラダにしたり、おにぎりの具にする。

主治医が見つける診療所スペシャル2019/2/14

主治医が見つける診療所スペシャル2019/2/14

口臭の原因:硫化水素、メチルカプタン、ジメチルサルファイド
口のにおいの原因の9割は、舌苔(ゼッタイ)
舌の汚れ、古い細胞や皮がたまり白くなった垢
ここに雑菌が発生し嫌なにおいが。
歯ブラシのヘッドが舌苔をほじくり返す場合がある。
歯磨き+舌磨きも一つの方法:舌ブラシ、へらなど。
解決方法:ぬらしたガーゼを軽く絞り、で舌を拭く。ガーゼに色が付かなくなるまで。
中山久徳先生:おつまみ昆布で、唾液を出す。グルタミン酸も唾液を出す効果あり。
南雲先生オススメ⇒エゴマ油やアマニ油で、5分くらいうがいし、飲み込む。

吉原(形成外科)医師警告
実はその普通に歩いているだけが健康寿命を損している。
間違った歩き方を続けると将来歩けなくなるかも。
足に負担&痛みを引き起こす。
顕個寿命を延ばす得する歩き方とは?
大またでかかとから着地するように歩くのは損をしている。かかとに体重が集中し科かとを痛めてしまう。
得する歩き方とは、無理のない歩幅で靴底全体を使って着地。
毎日一定のペースで1万歩歩くのは損。
得する歩き方:10分間の中で2分間だけ早歩きをする。ちょっとだけ早歩きをする。体にも負荷をかけることができる。8000歩程度でよい。
靴を履くたびに紐を結びなおすのは得
1にちのなかでもむくみだったり、足の状態ってどんどん変わっていく。靴紐をしっかりと締める動作がない状態で歩いていると、体のバランスを崩してしまったり、負担になってしまう。
かかとトントンしてから、かかとに合わせて、靴紐を結ぶ。

普段の血圧だけを信じるのは要注意。大切な第3の血圧!!
第1の血圧:最高血圧
第2の血圧:最低血圧
第3の血圧;中心血圧⇒心臓付近の大動脈の血圧
中心血圧が高い⇒心臓の壁が厚くなる。

最高血圧【上の血圧】-最低血圧【下舌の血圧】
数値が60以上の場合、中心血圧が高い可能性がある。

便秘外来:
健康な排便の回数は?⇒週3回でもよい
ねじれ腸が便秘の原因のケースが多い。
【ねじれ腸セルフチェック
子供の頃から便秘気味だった 
腹痛をともなう便秘になったことがある
便秘が続いた後、下痢や軟便が出たことがある
運動が減ったとたん、便秘になったことがある。
合計点数で、決める

名医とつながるたけしの健康の医学2019/1/22

名医とつながるたけしの健康の医学2019/1/22

全身の老化を止める科
新潟大学南野徹教授
体のさびをためない方法
体のさびを取り除くには、ケルセチン
ケルセチンの働き:さびた細胞だけを殺し、正常な細胞は殺さない。
マウスにケルセチンを投与した実験では⇒
血管を柔らかくする/心臓の働きを改善/認知症や肺の病を改善
ケルセチンを配合した治療薬の人での臨床実験が始まっている。

どんな食材に含まれているか
⇒野菜:たまねぎ、ピーマン、アスパラガス、サニーレタスなど、
果物:りんご、イチゴなどのベリー類など。
ケルセチンたっぷりの飲み物⇒お茶。ウーロン茶、紅茶。
ケルセチン1日100mg。:ピーマン30個など。
さびがたまる原因:高血圧・高血糖・たばこ・食べ過ぎ飲みすぎ・睡眠不足など。

目の老化を防ぐ科
眼精疲労を止める可能性のある食事:DHA、EPA
血管の老化防止に効果のある栄養素で、近年目の老化防止にも効果があることがわかってきた。
無賃を出す細胞が活性化⇒涙を目の表面にとどめる⇒眼精疲労防止

青魚に豊富に含まれている。
ぶりはさばの1.7倍含んでいる。

富山県のぶりの食べ方
ぶり一本買い。内臓、頭、骨、三枚おろしの身。
照り焼き、味噌汁、ぶりしゃぶ、塩焼き、刺身、すし、なめろう(みそ、しょうが、ねぎ、おおば)、内臓と背骨の甘辛煮。ぶりのふと【胃袋】ゆがいて、の酢味噌。
えらからあげ。残(残りのあら)は、大根が入った鍋へいれ、ぶり大根。

DHA、EPAを効率的に摂取できるのは、ぶり大根。頭の目の周り。

腰痛を改善する科
西良幸一先生
腰以外の場所が原因の腰痛がある。
お尻キック検査:うつぶせに寝て、足がおしりにつくかどうか。
どちらかの足がお尻につかなければ、腰以外の場所が原因の腰痛。
⇒太ももの筋肉が硬くなっている。⇒伸びなくなる。⇒骨盤が前傾する⇒腰の骨も前に倒れる⇒腰痛。
あまり歩かない、座っていることが多い人。

太もも伸ばし体操などで、9割の患者に効果あり。
横向きに寝る。かかとをお尻に近づけて、手で抑えて、太ももを後ろに振る。
左右10回ずつで1日3セット。

世界一受けたい授業;2019/ 1/30

世界一受けたい授業;2019/ 1/30

下肢静脈瘤は女性に多い病気。

妊娠で悪化。:女性ホルモンが100倍、血液量が1.5倍。血管はパンパン。骨盤周辺を流れる静脈量が増えて、足の静脈にも圧力がかかり、弁が壊れやすくなる。
頻繁に便秘になる人もなりやすい。力みすぐにより、腹圧が上がり、横隔膜の下の太い静脈に圧力がかかるため。

ゴキブリ体操:仰向けになり、手足を上げて、ゴキブリがばたばたするときのように、手足をばたつかせる。

一度壊れた静脈弁は直らない。手術しかない。

ガッテン2019/1/30

ガッテン2019/1/30

腎臓病の食事制限;塩分、たんぱく質
生活制限:運動
とされてきた。
腎臓にあるタコ足細胞が、腎臓病悪化とともに減ってしまう。
タコ足細胞がおしっこを作るうえで重要な働きをしている。
老廃物を捨てて、大事なものを吸収する。
血圧が上がったりすると、タコ足細胞がドミノ倒しのように減っていく。

運動をすると腎臓が守られるという新発見⇒ハンスセリエル賞受賞;上月正博先生

運動をすると蛋白尿が出るが一過性だった。

運動をすると一酸化窒素が出る⇒圧力が減り、タコ足細胞に負担がかからない。
タコ足が伸びている。それ以外にもいろいろあるが、まだ研究段階。
透析に入る時期を延ばせる。
血管を元気にしたい!!

しかし!!!
息切れする運動はよくない。
軽い散歩。軽い筋トレ。息を止めない運動が望ましい。

注意をしなければいけない患者さん:
慢性腎臓病であっても、急に腎機能が落ちてきている患者者さん。
急性腎臓病の患者さん。

運動制限から、運動療法へ大転換

ウォーキング5000歩。

この差って何★体が温まる生姜料理2019/1/29

この差って何★体が温まる生姜料理2019/1/29

一番おしっこが近くなる飲み物
コーヒー>オレンジジュース>緑茶>ウーロン茶>水
①カフェイン
②カリウム
が関係している。
尿意を感じる神経を刺激する。

            カフェイン   カリウム
コーヒー         60mg    65mg
オレンジジュース      0mg   180mg  
緑茶           20mg    27mg 
ウーロン茶        20mg    13mg
水             0      0~1mg

平柳要先生
最も体を温める食べ物は生姜
しかし、食べ方によっては、効果なし。

生姜湯、いわしの生姜煮、厚揚げの生姜のせ。生姜焼き、は効果なし。

炊き込みご飯のみ、効果あり。

ショウガオールがおなか周りの血流をあたためて、体を暖める。  
100度、30分暖めるとショウガオールが出てくる。

ウルトラ蒸し生姜
①川がついたまま、薄くスライスし、蒸し器で、重ならないように並べ、30分蒸す。天日干しなら1日、室内なら7日蒸す。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »