2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 主治医が見つかる診療所【体温の新常識&危険な目の病気】2019/4/11 | トップページ | 教えてもらう前と後2019/4/16 »

2019年5月12日 (日)

この差って何2019/4/16

この差って何2019/4/16

ひじきの健康効果:骨粗しょう症の予防
カルシウムが牛乳の10倍。

ひじきのがんもどきがより効果的。
豆腐のマグネシウムがカルシウムを骨に吸着させやすくする。
ひじきのカルシウムと豆腐のマグネシウムをバランスよくとれば、骨をより丈夫にする。
オススメレシピ:油揚げとひじきの作り置き
750ML保存容器一杯分
乾燥ひじき20gを水で戻したもの+油揚げ4枚
味付けは青じそドレッシング
油揚げを1センチ角に切り、油を引かずに、フライパンでいため、ひじきを入れて青じそドレッシングで味付け。。
パンに乗せて、チーズ尾のせ焼く。

わかめの健康効果;高血圧の予防
アルギン酸が塩分を排出し、カリウムが塩分の再吸収を防ぐ。
生わかめは、カリウムが乾燥わかめの20倍。

wさかめのしゃぶしゃぶ、胡麻和え、おやき、味噌漬け、てんぷら、しょうが焼き
高血圧予防に効果的なのはわかめのしょうが焼き
⇒ごま油を引き、千切りにしたしょうがをいれ、わかめを入れる。豚肉のしょうが焼きと同様に、醤油、みりん、砂糖、酒で味付けする。
しょうがのジンゲロールには血管を広げる働きがあるため、若芽と一緒に食べると効果が高くなる。

モズクの健康効果:胃がんの予防
フコイダンがピロリ菌を減らす。
産地の沖縄は胃がんの発生率が最も低くなっている。

最も効果的な料理は:もずくのてんぷらとモズク丼
加熱すると細胞壁が壊れて、フコイダンなどの栄養成分が出て気安くなるため、効果が高くなる。

もずく酢を使ったサンラータン。
⇒鍋にごま油を引き、豚肉、野菜類を炒める。水、もずく酢、鶏がらスープのもと、水溶き片栗粉、溶き卵、ラー油を加える。

« 主治医が見つかる診療所【体温の新常識&危険な目の病気】2019/4/11 | トップページ | 教えてもらう前と後2019/4/16 »

この差って何ですか」カテゴリの記事