2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 林修の今でしょ講座209/5/21 | トップページ | 主治医が見つかる診療所209/5/30 »

2019年6月 6日 (木)

ソレダメ2019/5/15

ソレダメ2019/5/15

洗濯機には、テニスボールを入れると頑固な汚れも落ちる:クリーニング店でもやっている。たたき洗いの効果がある。
ご飯の冷凍方法⇒丸型にするとむらなく温まる。
わさびがツーんとしたときは、マヨネーズをなめる


卵のコリンという栄養成分に注目が集まっている。
コリン:神経伝達物質を作り、脳機能を改善し記憶力や集中力アップに効果的。
認知症予防にも効果的。
新常識!!
ゆで卵は新しくないほうがおいしい(炭酸ガスが抜けるため)。
卵をコーヒーに混ぜると疲労回復に効果的。
ベトナムのエッグコーヒーの作り方⇒卵黄2個、コンデンスミルク大匙1をあわ立てて、コーヒーに混ぜる。

卵黄に含まれるコリンがコーヒーと相乗効果で効果的。
冷蔵庫の野菜室が卵用によい。
生卵のほうがゆで卵よりも長持ちする。
殺菌作用のある卵白のリゾチームがゆでると壊れてしまうため。

卵を味噌でつけると健康面でも最高。両方のたんぱく質がとれ、抗酸化作用、老化防止作用、脳の活性化作用も、ダブルでパワーアップ。
ラップに味噌大1をおき、ゆで卵をおきながら、卵の周りの味噌を伸ばし、冷蔵庫で1日保存すれば完成。

糖質制限では、カロリーと糖質を勘違いしていると失敗する。
糖質を抑えるなら、マヨネーズ>ノンオイルドレッシング(甘味料が糖質)
糖質を抑えるならカルボナーラ>ペペロンチーノ
にんにくには糖質が豊富。
生クリームや卵などがパスタの糖質をコーティングするので糖質の吸収を緩やかにする。
糖質を抑えるなら、うどん(70g)>春雨(100g)
春雨には糖質が多い。
和食はヘルシーと思われているが糖質が多い。
醤油、砂糖、芋などは糖質が多い。
血糖値の急上昇に要注意⇒ベジファーストではなく、ミートファースト。
肉は胃にとどまる時間が2倍になるため。
2016年イギリスの研究結果⇒
パンにバターを塗って食べるほうが、糖質の吸収が緩やかになる。
パン1枚にバター10g。
ご飯より炒飯、
ご飯半分の100gにマヨネーズ大1。

糖質と脂質を一緒にとるほうがベター。
アメリカの糖尿病学会では、糖質の前に脂質を取るように指導している。

糖質のなかでは炭水化物よりも果糖のほうがくせもの。
一軒体によさそうな果糖は老化の原因になる悪者。すぐに骨にくっつき、骨のたんぱく質を硬くして老化を促進する。
加藤の吸収を抑えるものがある。先に緑茶をとっておけば、果糖の悪影響を防ぐ。
濃い緑茶を飲んでから、バナナ、りんご、びわ(特に果糖が多い)を食べるとよい。


★糖質を抑えるにはまず肉から!
★炭水化物は脂質と一緒に食べる!
★フルーツを食べる前に緑茶を飲む!

最新防犯知識
改元詐欺、架空請求
不在通知を装ったSMSが届き、偽サイトに誘導されてしまう。
ネオ架空請求⇒簡易裁判所から支払い命令が届いた。実は本物の簡易裁判所からの請求書が届くことがある。無視すると4週間後に地獄を見る。
無視⇒2週間後支払い督促⇒2週間後裁判所の強制執行。
うその支払い督促により裁判所が強制執行した!
うその支払い督促だとしても、異議を申し立てないと、認めたことになる。証拠を提出しなくても、認められてしまう。
同封されている意義申立書に署名し返送すればよい。
本物と偽者の違いはどうやって見分ければいいのか⇒
書類に書いてある番号に電話する。消費者センターに電話して確認してもらう。
裁判所のホームページに書いてある番号と照らし合わせる。
本物だった場合、2週間以内に意義申立書を郵送する。

空き巣や強盗は下見をする。SNSで情報収集。

前田美波里ののエゴスキュー体操。
①足幅を握りこぶし一つ分開いて立つ。
②手のひらを下に向けて腕をあげ指の第2関節を曲げる。
③肩甲骨を内側に寄せそのまま腕を回す 40回
④手のひらを上に向け腕を後ろ向きに回す。 40回

1日1セット朝起きたらやる。

おしりウォーク!
一番大きな筋肉。一生動けるために。

①足幅をこぶし一個分開き、お尻を突き出す。
②おしりをひきながら、手を当て足踏みする。
このアヒルウォークは歩いたほうが効果的。

これを進化させたダチョウウォーク。前にどんどん進む。
中臀筋を鍛えるかにウォーク
①おしりを突き出し、アヒルの姿勢を作る。
②右に哀史を開き、横に一歩移動する。
③左に足を開き横に一歩移動する。
1日15回③セット。

腸骨筋を鍛えるフラミンゴウォーク
①重心をかかとに置き、右足を90度にあげる。
②足を水平より上に振る。
腸骨筋といって骨盤を前に立たせてくれる筋肉。足を上げる筋肉が弱くなるとおしりの筋肉も弱くなる。ぐらつく場合は壁につかまってもよい。

 

« 林修の今でしょ講座209/5/21 | トップページ | 主治医が見つかる診療所209/5/30 »

それダメ」カテゴリの記事