2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 主治医が見つかる診療所209/5/30 | トップページ | 主治医が見つかる診療所スペシャル2019/6/13 主治医が見つかる診療所スペシャル2019/6/13 »

2019年6月18日 (火)

ソレダメ2019/6/5

ソレダメ2019/6/5
排水溝の匂いは氷で消える。
冷えて硬いバターは、おろし金で削る。
アミドをマジックで黒く塗ると、庭がくっきり見える。

ビーチサンダルの外れた鼻緒は、缶のプルタブで応急処置。

はちみつが大ブーム。
マヌカハニー;高い殺菌力。のどの痛み止めにも効果的。のどスプレーもある。
キルギスハニー;イが豆の鼻から取れるはちみつ。ミネラルを豊富に含む。

はちみつは、美肌効果あり。150以上の栄養成分、認知症予防にも効果あり。

花粉が含まれているから、蜂蜜はスーパーフード。
日本ミツバチの蜜は、百花蜜。いろいろな花からとってくる。
西洋ミツバチは、一種類だけ。

はちみつのフラボノイドは、認知症を引き起こす物質の蓄積を予防する。
一日大匙一杯分をとる。
トマトにはちみつ。
緑茶+はちみつ⇒認知症予防。
緑茶のエピガロカテキンガレートは神経細胞を保護し修理する。
相乗効果で認知症予防効果あり。

はちみつに含まれるポリフェノールは腎臓の働きを活発にして、血圧を下げる。
胡桃をすりつぶし、味噌とはちみつを加える⇒万能調味料。

しょうゆにんにく⇒にんにくをしょうゆとはちみつでつけたもの。
生のにんにくをビンに入れ、しょうゆと蜂蜜を加え冷蔵庫で二ヶ月寝かせる。
ポリフェノールが腎臓の働きを活発にし、アリシンが血管を拡張し、高血圧を予防する。にんにくも活用法は無限大。きざんで冷奴に乗せたり、炒め物に使ったりできる。

タウリンには肝臓などの機能を高めえる働きがある。
疲労回復効果。いか!!

高たんぱく、低脂質。世界のいかの消費量の半分は日本。

いかの下ごしらえ
頭をはずし、皮をむき、胴体を開き、骨と内臓を取る。
刺身のきり方⇒繊維と反対に、縦方向に切る。
マヨネーズで食べる。
げそはかきあげ。
ブロック状に冷凍し、凍ったままかき揚げにすると油はねしない。
凍ったまま、最古路上に切り、塩小麦粉、さらに片栗粉をまぶし、玉ねぎと卵をいれて混ぜる。これをかきあげにする。
いかは、切ってから焼くと、よい。
60度から70度くらいで、火が通る。中火で3分。
一夜干しは先に切ってから焼く。
煮物は、切らずに焼く。切ってから焼くと硬くなりすぎる。
水溶性のタウリンも流れ出なくなる。

体臭
汗臭⇒皮膚の細菌により、発生。10~30代・
ミドル脂臭⇒汗に乳酸が含まれるようになり、この乳酸を細菌が食べることで主に後頭部から発生。30~50代。使い古した油やチーズのようなにおい。
加齢臭⇒耳の裏から多く発生するといわれている。胸、おなか、背中からも発生する。
50代半ば以上では、皮脂の成分が変わり参加しやすくなる。皮脂が参加すると枯葉や古本のようなにおいhが発生。

汗臭の対策はさらさら汗をかくこと。
汗腺が正常なときは、さらさら汗。
汗腺の働きが悪いときはネバネバ汗をかく。ネバネバ汗が汗臭の原因。
汗腺は使わないと衰える、運動せず、汗をかく習慣がないとネバネバ汗になる。
ミドル脂臭の対策は、シャンプー前にブラッシングする。手ぐしやマッサージでもよい。シャワーを90度で当ててすすぐ。
襟足からシャンプーする。もみあげ、前頭部、後頭部、頭頂部の順に洗い、流す。
指を立てて頭皮をしっかり、拭き、流しきれなかった汚れやアワをふき取る。。

加齢臭の対策⇒やさしく洗う、皮脂を落としすぎると皮脂の分泌が増えて、逆効果。
手であるのがオススメ。
カシスを食べる。
抗酸化作用を含む成分が多く含まれていて、食べると皮脂が酸化されくくなる。

カシスジャムもOK。
第4の体臭⇒疲労臭⇒なかなか落ちない。

アンモニア臭。
肉体的な疲れ、ストレス、便秘など。肝機能が低下し匂いが発生、30代から50代。

オルニチン回路⇒尿路回路とも言われ、体の中に発生するアンモニアを尿素に変える。
肝臓の仲の細胞にある回路。
アンモニア⇒シトルリン⇒アルギニン⇒尿素
疲労などで、肝機能が低下すると、アンモニアのまま肝臓から血流に流れていく。
疲労臭対策⇒十分な睡眠、しじみやシメジのオルニチン。
超最新スクープ:ラクチュロース
オリゴ糖の一種。腸まで届き、ビフィズス菌を増やし、アンモニア臭を減らす。
ラクチュロースの入った飲料、ヨーグルト、サプリは売られている。

飛ぶだけダイエット
ジャンプはランニングの1.2倍のカロリーを消費する。
体感を意識する。ウエストが締まってくる。
腰に手を置き、つま先だけで小刻みにジャンプ。20秒とび、10秒休憩、これを4セット行うのが基本。
かかとをうかす。

二の腕がしまるモンキーアーム。
足は前後に入れ替えながらジャンプし、同時に手は上下に入れ替え。
20秒とび10秒休憩し、4セット。

おなかとお尻にきくペンジュラムジャンプ
振り子。手を前に出した状態で、
両手を合わせて胸の前に出す、片足を真横に振り上げ2回ジャンプ。
足を変え2回ジャンプ。
20秒とび、10秒休憩、4セット。

 

 

« 主治医が見つかる診療所209/5/30 | トップページ | 主治医が見つかる診療所スペシャル2019/6/13 主治医が見つかる診療所スペシャル2019/6/13 »

それダメ」カテゴリの記事