2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 林修の今でしょ講座2019/7/23 | トップページ | 中居正弘の金曜日のスマイルたちへ2019/6/20 »

2019年8月 6日 (火)

主治医が見つかる診療所2019/6/20

主治医が見つかる診療所2019/6/20

医師のホンネ&名医を襲った病気SP

ジェネリックのホンネ⇒オススメする医師&効かないので使わない医師(姫野医師)などあり。

南雲医師⇒生活習慣を変えなければ直らない生活習慣病が多いので、安いものでよい。
いつでも変えられるので、逢わなかったら変えればよい⇒秋津医師

ワクチンのホンネ
自己責任
かからない人もいるし、毎年かかる人もいる。
打つ医師4人、打たない医師3人。
普段からウィルスのシャワーを浴びていて、ある程度自己免疫ができている。
任意接種ワクチンについて⇒
基本的には打ったほうがいい
自己の免疫の状態や副反応などかかりつけ医とよく相談する。

セカンドオピニオンとドクターショッピングとは違う。
セカンドオピニオン
①最初にかかった医師に受ける医師を伝える
②紹介状などを準備
③次の病院に持参して相談する

上手なセカンドオピニオンの受け方
聞きたいことをメモする
家族や友人と行くのもいい
録音もオススメ。

医師が体験した恐ろしい病気

医師だから気づけたターニングポイント①背中が割れるように痛かった。
6割以上が突然死してしまう心臓の病⇒約9割の人が背中に激痛

ターニングポイント②傷みが背中から腰のほうにずーっと走るように、傷みが移動した、滝が流れるようにザーッと熱い。

動脈が走る後ろ側の痛みが後ろに響いたんだろう。
大動脈乖離ではないか?

大動脈;心臓の上から伸びて、背中側に向かい、体の中心を下半身へ走る重要な血管
動脈硬化によって、もろくなった大動脈の内側が傷つき、急激に裂けていく。
急性大動脈乖離

大動脈乖離の進行:心臓側⇒背中側⇒下へ
9割が背中に激痛を感じ、7割が痛みが下へ移動するのを感じた。
50代で発症する例が増えているが、多くは、70代以降。

大動脈乖離発症の
危険ポイント①:発症した人の9割が高血圧
危険ポイント②:肥満(40代や50代で発症した人の9割が肥満)
危険ポイント③:不規則な睡眠
通常睡眠中は1割から、2割血圧が下がるが、超多忙で不規則な睡眠の場合、睡眠中も高血圧。


★40代~50代で発症した人の8割が睡眠時無呼吸症候群。
★高血圧の人が車の運転をするとリスクが高まる。
ハンドルを握ると、緊張し、最高血圧が平均25上昇。
運転中の突然死629例のうち、急性大動脈乖離を含む心臓病が6割以上を占めた。

くらげにさされたことによるアレルギー
⇒アレルギー成分:ポリガンマグルタミン酸
くらげの触手に含まれるこのアレルギー成分は、納豆のネバネバにも入っている。
このポリガンマグルタミン酸による納豆アレルギーの場合は、消化吸収に時間がかかるため、5~14時間かかってから発症する。一度このアレルギーになると、中華くらげ、冷やし中華のたれ、化粧品にも要注意。

アナフィラキシー⇒アレルギーの原因物質が再び体に入ることで、全身に起こるアレルギー反応。

納豆以外に気をつけるべきアレルギー
ラテックス・フルーツ症候群:天然のゴム⇒バナナ・キウイ・アボカド
ダニアレルギー⇒甲殻類えび・かに

急性銅中毒:銅を大量に摂取した場合、胃が刺激を受けて嘔吐する。胃や、象徴の粘膜を荒らす。

銅:かき、ナッツ類、レバー、桜海老に含まれているが、銅製品、フライパン、水筒などが、古くなり、賛成の液体などで、溶け出して、摂取した場合に起きる。

水筒:保温効果を高めるため、銅が使用されているものがある。洗いすぎると、水筒の内部が傷つく。傷ついた水筒に酸性の飲みものを入れると、銅が溶け出す危険性がある。

銅製品:コーティングされているので、金ダワシでは洗わない。酸性のものを長時間触れさせないこと。銅製品は保管に使わない。

銅の調理器具の注意点
①傷がある②酸性のものを調理③長時間の接触

銅は必須ミネラル。不足すると貧血になる。
亜鉛も必須ミネラルだが、取りすぎると中毒になる。
カキは銅も亜鉛も豊富に含むので、海のミネラルといわれる。

急性アスペルギルス症:土の中のカビの一種で、空中に漂っている弱いカビ。

免疫力が低下している人、疲労、インフルエンザ、気管支が傷つく疾患のある人の場合、アスペルギルスを吸い込むと、排除できずに、血管を傷つけながら杯の内部で増殖し、血の混じった痰が出て、さらに、血を吐き、最悪の場合、杯に血液がたまって死亡することがある。
初期症状が肺炎と似ていて、見間違えて、抗菌薬で治療すると、カビには効かないため、悪化する。
カビのばあい、抗真菌薬でないと、退治できない。
肺炎の患者が、アスペルギルスに感染した場合、死亡率が、1.8倍になる。

アスペルギルス症を見分けるポイント:血痰
血痰は肺炎の患者にはみられない。
網戸のカビや、久しぶりのエアコンなどのカビに注意。

侵襲型アスペルギルス症のケースが危険。
アスペルギルス自体は、弱いが、抗生物質を乱用すると、アスペルギルス症発症の原因になる。

 

« 林修の今でしょ講座2019/7/23 | トップページ | 中居正弘の金曜日のスマイルたちへ2019/6/20 »

主治医が見つかる診療所」カテゴリの記事