2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 主治医が見つかる診療所2019/8/15 | トップページ | 健康にいいものを集めました 健康にいいものリスト »

2019年8月20日 (火)

林修の今でしょ講座2019/7/30

林修の今でしょ講座2019/7/30
日本を変えたすごい発明品ベスト20

20位:乳酸菌飲料ヤクルト
84年前誕生。39カ国で一日4000万本を販売する大ヒット商品。予防医学へ転換。代田稔博士。感染症で亡くなる子供達をみて、心を痛めていた。
悪玉菌を押さえ、善玉菌を増やす乳酸菌。
免疫力アップ、コレステロール低下。肌トラブル改善。
生きて腸に届く最強の乳酸菌。シロタ株。

19位;がりがり君

18位;永谷園のお茶漬け海苔。70年前は、保温機能がなく、冷えたご飯しかなかった。緑色の調味玉は、抹茶、昆布粉、塩、砂糖を混ぜて作られている。あられは、乾燥剤の役割。
江戸時代に、永谷園の創始者永谷宗円が今の緑茶を作った。お茶も海苔も湿気に弱く、同じような管理方法、

17位;こんにゃく。
コンニャクイモの発明で、一年中食べられるようになった。黒いこんにゃくは、海藻粉末。

16位;インスタントコーヒー。戦後。

15位:かまぼこ。1115年ごろ。
かにかまが世界中でブーム。

14位;後宮食材を身近なものに変えたまいたけの栽培技術。1983年。

13位;しょうゆ。1254年。
鎌倉時代に誕生したが、江戸時代に普及し、寿司、うなぎの蒲焼、てんぷら、そばが生まれた。
金山時味噌の副産物として誕生。

12位;池田菊苗先生。味の素。昔は昆布から抽出していたが、今の原料はさとうきび。発酵法でサトウキビの糖を微生物が発酵させてグルタミン酸をつくっている。

11位:1988年、長期保存可能のパックのご飯が誕生。サトウのご飯。
10ヶ月保存可能になった。

10位;ミツカンのお酢(粕酢)
江戸で米酢が不足していた時に、余っていた酒粕を使い、酢を作った。
愛知県半田市ミツカンミュージアム。同じレシピ⇒ミツカン山吹。

9位;パンの缶詰。
賞味期間3年間ふわふわ。

8位;サラダチキン

7位;コシヒカリ。

6位;ふえるわかめちゃん。

5位;コンビニおにぎり。

4位;ポカリスエット

3位:納豆。

2位;ボンカレー

1位;カップヌードル

 

« 主治医が見つかる診療所2019/8/15 | トップページ | 健康にいいものを集めました 健康にいいものリスト »

林修の今でしょ講座」カテゴリの記事