2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

健康カプセル

2019年11月18日 (月)

健康カプセル2019/9/15

健康カプセル2019/9/15
肉を扱った後は、必ず石鹸で手を洗う。
鶏肉には、カンピロバクターの食中毒菌がついている。6月、9月に多い。
カンピロバクターは熱に弱い。
まな板も熱湯で消毒する。

お米についているセレウス菌:嘔吐または、下痢の症状。
熱によって死滅しても、芽胞芽残っていると、ご飯が冷める家庭で、発芽し、セレウス菌金が生まれる。セレウス菌は非常に強い毒性がある。

10度以上で、9時間以上ご飯を放置すると芽胞が発芽した。
炒飯やパスタの作りおきも危ない。

対処法:米飯や麺類は、室温に6時間以上放置しないこと。
保存する場合は、冷蔵庫で10度以下に急冷すること。

卵は冷蔵庫の下のほうに入れる。

お刺身は、その日のうちに食べる。腸炎ビブリオ菌がついている。
冷蔵庫で保存する。
腸炎ビブリオ菌は塩気を好むので、漬けも危ない。

アニサキス菌:胃痛、腹痛。胃壁に噛み付くことで起きるアレルギー反応で痛みが起きる。痛みが起きない人もいる。

 

2019年7月13日 (土)

健康カプセル2019/06/30

健康カプセル2019/06/30

高血圧の新基準:130は生活改善が必要な数値。
高血圧は症状がないため、測定する必要がある。

血圧:心臓から送り出される血液が血管壁に与える圧力
上の血圧;心臓が収縮したときの血管の圧力
下の血圧:心臓が拡張したときの血管の圧力

水の勢いで体感する
正常な血圧110⇒水の上がる高さは1.5メートル
高血圧180⇒水の上がる高さは、2.5メートル

夏は血圧が落ち着く傾向にあるが、落とし穴あり。
熱いところから寒いところへいくと、血管が収縮⇒血圧が上がる。
寒暖差に注意。
部屋の大掃除⇒血圧急上昇。休憩を挟む。
血圧乱高下が危険。

食後、消化のためにホルモンが出る。ホルモンは全身の血管を開くので、血圧下がる。
⇒食後低血圧;消化管から出るホルモンが欠陥を拡張し、血圧が下がる。

食後低血圧+起立性低血圧で血圧急降下すると、その後急上昇することがある。

血圧急降下の対策:コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは急な血圧低下を防ぐ。

二度寝:短時間で深い睡眠にはいるため、血圧が下がる。
二度寝で、その後急上昇してしまった。
7時半⇒84
11時⇒149
短時間で、55も急上昇。

夏の朝は脱水になりやすい。就寝前と起床後の水分補給を忘れずに。

事務所に行って打ち合わせ。
午後2時半⇒151
午後3時⇒211
30分で60も急上昇
人と話をするとかなり血圧が上がる。

人前でしゃべるのは緊張して血圧が上がる。
イベント;人前で大声を出して、興奮状態⇒血圧が上がる。

血圧急上昇の対策;深呼吸をすると血管を拡張させる物質が出る。

午後9時半⇒206
午前4時⇒141
打ち上げで、ビールを飲んだ。

お酒:飲酒後1~7時間は血圧が下がる。しかし、翌朝上昇しやすくなる。
お酒は高血圧の危険因子。
飲みすぎに注意。利尿作用があるので、脱水に注意。

排尿後低血圧⇒時には失神することもあるので、こまめに排尿するように。
入浴時低血圧⇒体が温まると血管が広がり、血圧が低下。
⇒水とお湯を交互に足にかけることで血圧低下を防ぐ。

塩分を取り過ぎない。こまめに水を飲む。
一日1.5リットル以上飲む。

上の血圧ー下の血圧=脈圧
60以上ある場合は、動脈硬化の疑い。

食事や運動などの生活習慣改善で正常に戻る可能性がある。

2018年8月27日 (月)

健康カプセル  2018/11/6

健康カプセル  2018/11/6

免疫とは、病気にかからないようにするもの
主な免疫細胞:T細胞、B細胞。好中球、NK細胞、マクロファージ
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは、体内に進入した最近やウィルスを倒す。

ヨーグルトが免疫力をあげるわけ⇒ヨーグルトの中の乳酸菌が、腸のバランスを整えて、免疫力をあげる。腸内には免疫細胞が集まっている。いろいろな種類を食べるのがオススメ、
ポイント;食べる量と時間
1日①カップ程度を朝食べるのがオススメ。昼食や夕食で摂取する栄養が乳酸菌の餌となりNK細胞が活性化する。

平柳先生、
きのこに含まれるβクグルカン;NK細胞のような免疫細胞に刺激を与え活性化させる効果がある。NK細胞にある鍵穴にβグルカンがくっつき、活性化する。βグルカンは熱に弱いため、加熱しすぎない。煮汁まで食べる。

運動;インターバル速歩⇒下肢の筋肉がアップし、免疫力をあげる。
筋肉量が増える⇒熱量が上がる⇒NK細胞が活性化。
体がぽかぽか、平熱がアップ、汗が出る。など。
どんな運動でも実はOK。意気が上がるようなややきつい運動を15分したらOK。
インターバル速歩の速歩をするとちょっとですが、筋肉の損傷が起こる。そのタイミングで、牛乳のようなアミノ酸を含んだものを飲むと、筋肉の肥大につながる。30分以内に、コップ1杯の牛乳を飲むと筋肉量が増える。

質のよい睡眠が免疫力をアップする。
NK細胞などは副交感神経が優位になる睡眠時に多く作られる。
重要なのは、睡眠前の入浴。
体温が下がると睡眠に入りやすいため、入浴で体温を上げることが大切。自分の平熱プラス4度で10分入浴。

免疫の脅威のパワー;がんの予防。
がん治療に役立った食事療法(5年生存率50%のがん発覚後)
塩分を極力減らす。味付けは故障だけ。酒蒸し。
野菜・果物ジュース。抗酸化作用のあるポリフェノールや塩分排出効果のあるカリウムを摂る。1日1.5リットル・
西田にクリニックの済陽先生
がん切除後、生存率が52%という事実に愕然とした。

食事療法の主なポイント:
塩分の摂取を1日5g以下にする。
野菜や果物を1日750g以上。
これにより、72%生存率にアップした。

デザイナーズフードピラミッド
トップ⇒にんにく、キャベツ、大豆、甘草、しょうが、にんじん、セロリ、バースニップ(白にんじん)
2番目⇒たまねぎ。茶、ターメリック、玄米、全粒小麦、亜麻。かんきつ類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)、なす類(トマト、ナス、ピーマン)、アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツ)
3番目⇒メロン、バジル、タラゴン、エンバク、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、あさつき、ローズマリー、セージ、じゃがいも、大麦、ベリー

免疫力アップジュース
キャベツ4枚、にんじん1本、レモン1個、はちみつ適量。
レモン;強い抗酸化作用のあるビタミンC
にんじん:NK細胞が集まる腸の粘膜を強くするカロチンが含まれている。
キャベツ・抗がん作用のあるイソチアシネートが含まれていて、ビタミンCも豊富。


健康カプセル2016/10/23

健康カプセル2016/10/23

毛細血管は、体中の血管の99%。10万キロメートル。
その細さも特徴。5~10ミクロン。赤血球は8ミクロン。

加齢によってある変化が起きる。⇒ゴースト化。
血管内皮細胞を、壁細胞が覆っている。
加齢により周りの壁細胞が弱り、はがれてくると、毛細血管はつぶれて、なくなってしまう。30代と70代の人を比べると4割ぐらい減ってくるといわれている。

ゴー酢とかの影響が最も大きいのは、肌。しみやしわが増える。
肝臓や腎臓などの内臓の毛細血管も加齢とともに減少する。

腎障害、認知症、骨粗しょう症も、ゴースト化が原因。

利き手ではないほうの手の指の毛細血管の数が、全身を反映するといわれている。

生活習慣により、毛細血管年齢が影響を受ける。

激しい運動は、活性酸素を出すため、毛細血管にダメージを与えてしまう。
食事では、AGE(終末糖化産物)の影響が大きい。動物性脂肪を加熱した食品に多く含まれ、約7%が蓄積し、毛細血管に悪影響を及ぼす。
毛細血管年齢チェック法;
指先を見る機械を使う。
舌を見る。:歯型がつくのは、毛細血管年齢が高く、むくんでいる証拠。

毛細血管年齢を若返らせる方法
八つ橋⇒。ニッキの油。
ニッキはTie2を活性化させ、毛細血管の構造を安定化する。
桂皮は毛細血管の漏れを90%以上抑えるという研究がある。
ニッキのほか、同じ桂皮から作られるシナモンも、1日0.6グラムでTie2が活性化!

毛細血管は手足に全体の7割くらいが入っている。

かかとの上げ下げ、グーパー体操を朝晩20回行うだけで、毛細血管力をあげる。
毛細血管は変化しやすいため、いい生活を継続するのが大切。

ルイボスティー、グァバ、キンカンなどもTie2を活性化させる。

2018年5月 7日 (月)

実は怖いヘルペス4月29日

三叉神経の神経節にヘルペスウィルスは潜んでいると。

きっかけがあると増殖し、神経を通って皮膚へ移動し、目や鼻の皮膚に到達し水ぶくれを作るのだとか。
きっかけとは、免疫力が低下すると、増殖する。。。
睡眠不足や、疲労、夏の紫外線など。。。

ランゲルハンス細胞というのが、皮膚の免疫をコントロールしている司令塔。

ランゲルハンス細胞は、夏の紫外線でダメージを受けるのだとか。
強い紫外線でダメージを受けると、ヘルペスウィルスが増殖しまた神経節に戻る。
ウィルス量が増えると再発するリスクが高くなる。

ウィルスをなくす方法はない!!
神経節に潜伏感染しているウィルスを殺そうとすると神経細胞を壊さなくてはいけない。。そういう薬剤はないと。。。とにかく再発させないこと。
そのためには免疫力。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品で腸内環境をよくすると、免疫細胞が活性化する。

あとはお風呂。41度で入浴すると、副交感神経や優位になり免疫機能が高まる。

化粧を落とすときに、水泡が破れたり、かさぶたが取れると、ウィルスが拡散してしまうので、なるべく触らない。
人に感染させない。

帯状疱疹の発症率が増加中。
同じウィルス。

最初わきばらに赤い発疹がでて、痛み始め、増えていく。
激痛を伴う。。聖人の9割に発祥の可能性がある。水疱瘡のウィルスが原因。

そのウィルスが潜伏して生き延びている。

50台で発症率が急上昇。

なぜか?
水疱瘡ワクチンで子供の水疱瘡が減った。
昔は、子供の水疱瘡で大人の免疫力が活性化していた。

帯状疱疹は、一刻も早く病院に行き治療を開始しなければ、後遺症が残る。
ひどい場合24時間痛む。
治療が遅れると、炎症により神経が損傷することがある。

後遺症は、めまい、脳炎、顔面麻痺、軟調、暴行直腸障害、角膜炎など。

見極め方

1.前駆痛
発疹が現れる数日前に痛みが現れることが多い。

2.発疹に痛み。
虫刺されは、かゆみを伴うことが多いが、帯状疱疹では、まれで、痛みが主な症状。

3.左右片側で帯状。

症状が出たら、3日以内に治療開始すべし。
帯状疱疹ワクチンは1万円で7~8年有効。