2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

たけしの家庭の医学

2019年11月18日 (月)

名医とつながるたけしの健康医学2019/11/12

名医とつながるたけしの健康医学2019/11/12
整形外科・循環器内科・耳鼻咽喉科・歯科・皮膚科・神経内科・呼吸器内科・消火器内科・肛門科

肩こり+
肩の痛みの特徴①痛む場所を動かさなくても痛みが起きる。
肩の痛みの特徴②十分程度で痛みが消える。
肩の痛みの特徴③毎朝の通勤途中に必ず現れる。
肩の痛みの特徴④仕事が忙しくなると頻繁に現れる。
肩こりとは別の症状①キリキリとする胸焼け
         ②奥簿の痛み。
食事のタイミングと関係なく毎日胸焼けにおそわれる。

循環器内科⇒心機能の低下・高血圧・動脈硬化症など、心臓や血管の病を診る。
肩こりの原因は狭心症。⇒心臓に栄養を送る血管が細くなることで起きる。
間違えられる痛みの箇所⇒両あご、両奥歯、肩、首、胸、みぞおち、左腕の内側、左腕の子指。

食後に起きる肩こり⇒胆のう炎の可能性あり。死亡の多い食事を取ると胆のうが過剰に働き、炎症が悪化し、堪能の痛みを肩こりと勘違いする。

月に一回定期的肩が痛む⇒婦人科⇒子宮内膜症。


肝臓内科・呼吸器内科・眼科・整形外科・腎臓内科・婦人科・内科・脳神経内科・泌尿器科

頭痛+吐き気+
慢性腎臓病で頭痛が起きる仕組み
慢性腎臓病は脳の中の血管に影響を及ぼしている。
血管は神経に囲まれている。
慢性腎臓病になると貧血状態になり、脳はより血液を増やそうとする。
すると血管が太くなる。
血管が膨らむ⇒神経を圧迫⇒頭痛。

慢性腎臓病による頭痛の特徴;心臓の拍動に伴って、ずきんずきんと痛む。
こめかみを押さえると痛みが和らぐ仕組み⇒
こめかみの下に血管が走っている⇒抑えると血流が低下⇒血管が収縮し、神経への刺激が緩和。⇒頭痛が一時的に治まる。

脂肪肝
疲労感が急激に進行する場合は、命にかかわる可能性がある。
肝臓以外の消化器官に炎症などがあると、脂肪肝になることもある。胆のう、すい臓、脾臓など。手や足のひえ、緑内障、意欲の低下。プロラクチンの大量分泌。
脳下垂体腫瘍⇒成長ホルモンの急激な減少⇒脂肪を代謝・分解しにくい⇒脂肪が肝臓に溜め込まれる。

 

名医とつながるたけしの健康の医学2019/10/15

名医とつながるたけしの健康の医学2019/10/15

認知症の原因は、アミロイドβの蓄積や海馬の萎縮が注目されていたが、認知症の予防改善に最近注目されはじめているものは?

大阪府吹田市国立循環器疾病研究センター:猪原匡史先生

脳の表面にある神経細胞の塊が薄くなると、危険。加齢などが原因で減り始めている人は、近い将来認知症を発症する可能性が高い。

身の危険を感じたときの行動で、神経細胞が減っているかどうかわかる。
お化け屋敷の対応⇒すぐにあきらめた人が減少している。

意欲や春樹などをつかさどる部分(即座核)が特に減少しやすい⇒身の危険や恐怖を感じた時、すぐにあきらめる。

新しいことを学ぶ気持ちがなくなった
物事に打ち込めない
すぐにあきらめてしまう
⇒このような意欲が低下している人は脳の神経細胞が減少している可能性がある。
その場合、減少している場所は脳の表面の灰白質。

体型がリンゴ型だと、認知症になるリスクが高い。
ぽっこりおなかのこと。
おなかに内臓脂肪がたまっている。

内臓脂肪では、サイトカインという炎症物質が作られ、放出される。
⇒脳で真っ先に表面の神経細胞を攻撃⇒神経細胞が減り認知症のリスクを高める。

どのくらいのぽっこりおなかが危険か? イギリスの研究によれば、
ウェスト÷ヒップ=男性1.0以上
         女性0.9以上

ひも一本で、認知症リスクがわかる。
ヒップでおしりの一番大きい部分に巻きつけて、結ぶ。それを上のほうに持ち上げて、おなかをするりと通り抜ければ、セーフ。おなかに引っかかると、アウト。

灰白質を増加・維持して認知症を予防する最新法
⇒今大流行、サウナで効果的に予防する。

サウナに週4日以上入る人は、認知症の発症数が約66%少ない。。
裁断の要因は、脳の血流量

神経細胞が常に活性化し、加齢による細胞の減少を食い止められた。

1秒間に頚動脈から脳に流れ込む血液の速さを計測
平常時       ⇒秒速61センチ
10分ウォーキング ⇒秒速71センチ
41度のお風呂10分⇒秒速130センチ
80度のサウナ10分⇒秒速210センチ

さらに効率よく脳血流を上げ神経細胞を活性化できるサウナの入り方
国際医療福祉大学教授 前田眞治先生:お風呂医療のエキスパート
日本サウナスパ協会の理事
温冷交代浴
80度のサウナで5~10分温まる⇒30秒水風呂に入る。
①サウナに入る前に水分をふき取る。
②無理をして長く入らず、汗ばむ程度。

二つの効果が期待できる。
①血管のポンプ機能を上げ、脳の血流量を増やす。
②脳をリラックスさせ、神経細胞が活性化。

サウナで拡張子血流が増加した血管⇒水風呂の冷たい刺激で収縮を始める。
数秒で気持ちいい:リラックス⇒これが大切。

水風呂に入ると収縮した血管が、数秒ほどで、体にこもった熱によって、再びゆっくりと広がり始める。
このとき、副交感神経のスイッチが灰って、脳がリラックス状態になる。

このリラックス状態が脳の神経細胞にとって重要。
寝ているときなどリラックスしているときの方が脳細胞が活性化する。

1週間続けた実証実験の結果、秒速41センチから51センチに改善し、キッチンを片付けることができた。

自宅でできる方法
①41~42度のお湯に約15分つかり、少し汗をかく程度体を温める。
②30度程度の低音シャワーを30秒浴びる。
これを2回繰り返す。

脳の長良力の衰え⇒認知症発症の第1歩。
国立長寿医療研究センター長寿医療研究センター長老年開花部長 遠藤英俊先生
人間は加齢によって、脳の神経細胞のネットワークが衰える。最近ある成分が神経ネットワークを劇的に再生するとわかってきた。⇒ノビレチン

脳の神経細胞のネットワークを再生する成分⇒ノビレチン
ノビレチンを大量に含むスーパー食材。⇒シークワーサー
沖縄県大宜味村。

ねずみの実験で、ノビレチンが餌に入っているとアミロイドβが少なくなることがわかった。

シークワーサージュースを冷凍しておいて、毎日飲む。

青切りシークワーサーがノビレチン豊富。皮に豊富に含まれる。
通販で購入可能。

 

名医とつながるたけしの健康の医学2019/9/3

名医とつながるたけしの健康の医学2019/9/3

高血圧を下げる科
行動変容が注目されている。性格によって、5つのタイプに分類し高血圧対処法を決める
A①5年後は今より悪くなると思う。
 ②失敗を引きずる方
 ③人と比べて自分のことをだめだと思う
B①大勢の人と一緒にいて刺激を受けるのがすき
 ②グループでは先頭に立つことが多い。
 ③スポーツでは一生懸命行う
C①いろいろ創造するのがすき、
 ②テレビドラマや映画で感動して涙を流す
 ③若者のフランクな言葉遣いが気にならない。

ABもしくは、ABCすべてに丸が二つ以上ある
⇒何事もあきらめやすく情熱が長続きしないタイプ。
向上心はあ李、いろいろ興味があるが、慎重な性格のため、結果が出ないとすぐに諦めるアドバイス:とにかくメモを取る。食事、運動、血圧、体重など。レコーディングダイエット。小さな成果を積み重ねる。

BCもしくは、Bだけ○が二つ以上ある。
⇒1人ではできないので、仲間と一緒がいいタイプ。
仲間の誘惑に弱い→食生活が乱れがち+1人で地道に行えない→長続きできない。
アドバイス:周りに高血圧対策を宣言し巻き込む。

ACもしくは、Cだけ○が二つ以上ある。
⇒はやりものにしか興味を示せないタイプ。
アドバイス:飽きたら次のことに乗り換える。

Aだけ○が二つ以上ある。
⇒考えすぎて最初の一歩が踏み出せないタイプ。
アドバイス:毎日できることを習慣にする。

どのブロックにも○が二つ以上なし
⇒自分の健康への関心が薄いタイプ。
アドバイス;早寝早起きから始める。整理整頓など。

 

2019年8月20日 (火)

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/8/8

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/8/8

いつの間にか骨折を防ぐ
骨を丈夫にする科
◎高いところに手が届かない。
◎転びやすくなった。
◎身長がちぢんていた。

危険な骨の状態⇒いつのまにか骨折。
気づかないうちに背骨が折れている状態。

背骨の骨がつぶれている。放置すると
ドミノ骨折⇒心臓や肺が圧迫⇒心不全などの発症リスク増加
背骨の骨折が一つでもあると、死亡リスクが8.6倍高くなる。

いつの間にか骨折を未然に防ぐ方法
信州大学医学部付属病院 中村幸夫先生。

顔のある部分を見るだけで、いつの間にか骨折のリスクがわかる。
⇒歯ぐきがさがり、歯の根元が露出していたら、いつの間にか骨折のリスクが高い。

最近の研究で、背骨の骨密度が低い方というのは、あごの骨密度の低い方と相関しているとわかってきた。特に50代以降の女性の場合。
あごの骨密度低下⇒あごの骨が小さくなる⇒歯茎が下がり歯の根元が露出⇒歯周病にもなりやすくなる。

歯ぐきの腫れ・出血など歯周病症状あり⇒背骨の骨密度低下リスク2倍。

20代と比べて、4センチ以上縮んだ場合⇒いつの間にか骨折の可能性が高い。

骨密度を増やすためには、カルシウム、運動による骨への刺激が大切。

背骨は胃や長に囲まれていて、運動による骨への刺激が伝わりにくい。

1回30秒で若返り。
①足を肩幅に開き、背筋を伸ばす。
②おなかをぐっとひっこめる。おへそを背骨にくっつけるイメージ。おへそ周りの筋肉を意識する。
おなかを引っ込める。⇒腹筋や背筋が収縮⇒背骨に刺激が伝わる⇒背骨の骨密度が増える。
30秒を1セット。1日合計5セット行う。
息を止めると血圧が上がるので、必ず呼吸をしながら行う。

血液中のスクロレスチン;骨の作りすぎを防ぐ物質。年とともに増えるが、これが増えすぎると骨密度低下。
姿勢がよくなり、背筋がぴんと伸びるほうが、背骨への刺激が増える。

 

名医とつながる家庭の医学2019/8/13

名医とつながる家庭の医学2019/8/13

つまずき、転倒を防ぐ科
ウォーキングをしている高齢者が増えているが、つまずき、転倒の患者は増えている。


◎買い物に行くだけでも疲れてしまう。
◎夕方などに靴がきつくなりはきづらいと感じるときがある。
◎階段を上がっただけでも、息切れや動悸がすることが増えた。
◎以前に比べて、肌が乾燥してかゆみがある。

一つでも当てはまれば、運動していても転倒リスクがある!!

板橋中央総合病院  塚本雄介先生
運動しても筋肉が衰えてしまう人がいる。
衝撃的な事実が明らかに。。。

運動しても筋肉が衰える人は、将来筋肉がやせ細り、
最悪の場合、死亡リスクが約2倍に!!
急増中、

立ち上がりテスト;イスから片足で立ち上がり、3秒キープする。
これができない人は、筋肉が衰えている。

寝ている状態をみれば、わかる。。。
夜間頻尿こそ、運動しても筋肉の衰えが進むサイン。
夜間頻尿にはいくつかの原因があるが、その一つとして、腎臓の働きが落ちてきた場合に、初期の段階で夜間に尿の回数が増える。

腎臓機能の低下⇒運動しても筋肉の衰えが進む。
最初の◎は、この腎機能低下の初期症状。

筋肉細胞の栄養分を作っているのは、腎臓が分泌するホルモン。
腎機能低下⇒ホルモンの分泌減少⇒筋肉細胞が栄養不足に
その結果、いくら運動しても筋肉が衰える。

★腎臓を悪くする最大の原因の一つは高血圧

腎臓の糸球体(ろ過装置)は左右に200万個あるが、高血圧になると破壊され減ってていく。血液から老廃物をこし出し、尿を作る。
腎臓は体内でも最も細い毛細血管の集まり。
画像で見える毛糸の玉のような糸球体は、髪の毛の10分の1から20分の1の細い血管の塊り。
この細い血管に太い血管から大量の血液が流れ込んでいる。大きな負荷がかかり、血圧の影響を受けやすい。高血圧になると負荷が増大し、ろ過装置が破壊されてしまう。

その結果、腎機能低下⇒筋肉の衰えが進む⇒つまずき、転倒のリスクアップ。
最も太い大動脈:直径約2.5センチ
腎臓の毛細血管:直径約千分の4ミリメートル
⇒約5000倍の比率。
石油タンクからストローに血液が流れ込むほど大きな負荷がかかっている。高血圧になるとさらに負荷が増大し、ろ過装置が破壊されていく。
一度壊れた糸球体は復活しないが、ある程度残っていれば、減った分もカバーできる。

高血圧の改善等で、腎機能を回復すれば、筋肉を増やし、転倒を防ぐことが可能。


厳しい減塩法以外にも高血圧を改善する方法をご紹介。。。
筋肉増強食材⇒とろろ昆布。
⇒塩分を排出する物質を多く含む食材。
⇒カリウム。
筋肉が衰えた初期腎臓病の女性72歳
1週間とろろ昆布を6g以上を食事に加える
⇒塩分排出量が増加。47%⇒81%(健常者は80%)
筋肉量も増加。

とろろ昆布を食事に加えて、塩分排出量を増やし、高血圧を改善し、腎機能を改善するのがおすすめ。

2019年8月 6日 (火)

名医とつながるたけしの健康の医学2019/3/5

名医とつながるたけしの健康の医学2019/3/5


◎腸の老化を防ぐ科

CANCERの健康調査20年間
ある栄養成分をとっている人は約42%がんになる可能性が低い。
その抑制効果のある栄養成分は⇒グルタミン酸
肉類、トマトチーズ、野菜に含まれているが、特に多いのが昆布。

菊乃井のだしのとり方(お吸い物20人分)菊乃井の一番だし。
利尻昆布60g枕崎産本枯れ節100g協との井戸水(軟水)3.6リットル
昆布を水にいれ、60度で1時間煮る。
なべ底に泡が出る60度で煮ると、グルタミン酸をしっかり抽出できる。
昆布を鍋からはずし、一気に85度まで加熱し、かつお節をすべて投入。かつお節が沈んだら、すぐにかつお節をこす。10秒でかつお節の抽出は終わっている。

⇒一般的なだしのとり方の3倍のグルタミン酸量。

帝京大学医学部福島亮治先生
栄養成分による治療、栄養を用いた手術後の体力回復、感染症の予防を研究している。

グルタミン酸
⇒アミノ酸の一種、うまみを感じ、唾液の分泌を促す。
⇒脳の中枢で、神経伝達物質となり、記憶や学習にかかわる。
⇒腸の細胞の栄養になる。

グルタミン酸は腸の内壁の壁に働く。
食べ物と一緒に発がん物質や毒素が腸に入り込む。
発がん物質や毒素
⇒体内に侵入し、病気の原因に
⇒腸の細胞をがん化する。

グルタミン酸⇒腸にある大切な成分を増やす⇒発がん物質や毒素を排出
腸の中には粘液があるが、グルタミン酸はその粘液を増やす働きがある。
腸の壁に直接触れなくなる。

グルタミン酸量
干ししいたけ(602μg)>あごだし(108μg)>昆布とかつお節一番だし(71μg)>いりこ(18μg)>さば(29μg)


◎転倒を防ぐ科

転倒リスクを上げる新原因⇒脳の衰えによるながら力の低下

ながら力とは、複数の事を同時に行う脳の機能。
しゃべりながら歩く、電話しながら、メモを取る、食事しながら会話する。
歩く+注意が困難になる。

歩いているときに質問されて、立ち止まることはありませんか?草であれば脳の萎縮が進み、ながら力が衰えている可能性あり。

京都大学医学部人間健康科学科
青山朋樹教授
歩行動作にかかわる脳の働きについて、独自の研究成果を発表し世界で注目。

加齢による脳の萎縮とともに最初にながら力が衰えやすい。


脳の萎縮の原因⇒脳細胞の死滅、脳細胞の萎縮。

萎縮については、太らせることが可能⇒ながら力改善可能。
ながら力改善法
⇒思いだしステッピング:足踏みをしながら、なにかの名前を思い出す。
イスに座った状態で、10秒間速く足踏みしながら、お題の名前を思いつく限り、言う。動物、野菜、果物、都道府県名など。
実験:毎日2回5日間やったあと、改善効果を確認。


◎冷え性を改善する科

冷え性が原因となり、重大な病を招く可能性あり。
目の冷えとは、視神経の回りの血流低下。
目の血流が一定量を保ちにくい方は、神経細胞が弱ってくる。結果として緑内障になりやすくなる。
緑内障の発症メカニズム
眼圧上昇⇒視神経が破壊⇒緑内障とされてきた。最新の研究で、
目の血流障害が緑内障の発症進行の予測因子になりうると判明。
目の血流障害⇒視神経の栄養分不足⇒老廃物の蓄積⇒視神経がダメージを受ける。
緑内障の4人に1人がこの可能性あり。

改善法⇒タオルにぎにぎ体操
二本のタオルを丸めて輪ゴムで止める。タオルを3割程度の力で握り2分間キープ。力を抜き1分間休む。
タオルを握る⇒筋肉に圧迫され、血管が収縮⇒血流低下。
二分後力を弱める⇒拡張した血管で血流上昇⇒血管壁を強く刺激
NOという血管を拡張する物質が分泌される。NOが全身の血管を拡張し、目の冷え、全身の冷えも改善できる。

 

2019年7月13日 (土)

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/28

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/28

4年前脳出血の衝撃的な事実が発表された。
60~70代の男女140名の脳を特殊なMRIで調べたところ、、脳出血の痕が3人のうち1人に見つかった。

無症状でも小さな脳出血の後があることがわかった。
健康な人でも小さな脳出血が日常的に起きていて、将来の大出血の前触れとなっている。早期発見すれば、防げる。

1分間の簡単なテストでわかる。
1分間言葉思い出しテスト⇒50音の1文字から始まる言葉を一分間に何個言えるか?
名詞でも動詞でもOK。
①人名や地名など固有名詞はNG。
②「雨」と「飴」など読み方が同じ言葉、
「雨」と「雨音」など同じ単語が重複する言葉はNG。

医療研究の現場でも使われているテスト。
基準値:1分間に10個以上いえること。
10個未満⇒小さな脳出血の可能性あり。

猪原匡史先生
小さな脳出血は脳の比較的深い部分、基底核くという場所に起こりやすい。
そこに微小な出血が起こると、言語を次から次へと紡ぎだすような機能にも障害が起こる。
基底核の毛細血管は非常にもろく、小さな脳出血を起こしやすい。
ひとたび出血すると神経の情報伝達がスムーズに行かなくなる。

人の名前や言葉がなかなか出てこなくなる。

小さな脳出血の原因、予防法とは?
小さな脳出血があると、大きな脳出血のリスクが10倍、認知症のリスクが2倍になる。
大きな脳出血の原因は、高血圧。
小さな脳終結の原因は、??


動脈硬化が進むと血管内妃細胞がはがれてくる。はがすと、ある生き物が。。。
小さな脳出血の原因は、歯周病菌
虫歯、もしくは、虫歯を治療した痕。
虫歯菌:口の中で繁殖し、歯を溶かす。⇒小さな脳出血⇒命にかかわる脳の大出血。

口腔内の虫歯菌、その中でも特に悪玉虫歯菌が、細い血管にくっついて、それを最終的に破壊してしまう。

虫歯菌のなかでも、特に血管に障害を引き起こす悪玉虫歯菌の存在がわかってきた。
悪玉虫歯菌が増殖すると、口腔内の傷口などから、体内に進入。数を言い宇土免疫細胞が処理しきれず、全身を循環。脳の毛細血管に到達。動脈硬化などではがれた血管壁に付着。⇒血管兵を徐々に溶かす。⇒小さな穴を開け出血をおこすじゃ日yセうある。

現在虫歯がない人でも、一度でも虫歯になったことがあれば、口の中で繁殖している可能性あり。

完全に除去することは不可能。
他人から感染する。
3歳までに決まる。

数を増やさないようにする。
歯磨きをしていても増えてしまう人がいる。

唾液の殺菌成分、ラクトフェリンが、悪玉虫歯菌を抑えてくれる。
唾液をしっかり出せば、悪玉虫歯菌を抑えることができる。

唾液の分泌量は加齢とともに減少する。

のどが渇いて目覚めるとか、食べ物が飲み込みづらい人は要注意。

唾液分泌量を上げる方法
口ストレッチ⇒耳下腺、舌下腺、額下腺の3つの唾液腺があり、これに刺激を与えて、分泌を良くする。
唇のストレッチ
唇をウーとすぼめ、約5秒キープ。
イーと横に伸ばして、約5秒キープ。
ウーイーを1セットとして、5回繰り返す。

ほほのストレッチ
口を大きく膨らませ、約5秒キープ。
思い切りしぼませて、約5秒キープ。
膨らませる&しぼませるを5回繰り返す。

舌のストレッチ
大きく突き出し、左右上下とゆっくり動かす。
5回繰り返す。

3種類を①セットとして、朝昼晩1日3回を目安に行うことで唾液の分泌量アップが期待できる。

 

2019年5月20日 (月)

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14 名医とつながるたけしの家庭名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14 の医学2019/5/14

名医とつながるたけしの家庭の医学2019/5/14

■5月の医食旬材
DHA、EPAは、血糖値低下、血圧低下⇒脳卒中、心臓発作、血管の病のリスク低減
プラークを除去し、血管を柔らかくしなやかな状態に戻してくれる。
5月に、EPAが通常の7倍、DHAが1.5倍になっている。

なぜ5月に増えるのか?
九十九里は日本一のいわしの町。
この沖合いに、暖流と寒流の潮目があり、海底がかき回されて、プランクトンが大量に発生する。それをめがけて、いわしが産卵のための栄養補給に集まるのが5月。

いわしの効率よく摂取するための調理法
①お刺身。
漬けダレ;醤油100cc、みりん10cc、生姜少々、にんにく少々
につけてから、ご飯にのせるいわしの漬け丼。
薬味に、にんにく、しょうがなどの抗酸化作用の強いものがいい。
②いわしのホイル焼きがおすすめ。
いわしのホイル焼き2人前;いわし2尾、にんじん10g、小松菜10g、たまねぎ30g、しめじ20g、塩コショウ少々、バター10g
アルミホイルで包み、フライパンで蒸し焼きにする。
レモンを絞っていただくと、カルシウムも摂取できる。


■コレステロールを減らす科
隠れ悪玉コレステロールとは?

コレステロールの3割は、食事から、7割は肝臓で作られる。
食事由来では、肉の脂身が、コレステロールを上げる。
動物性脂肪のほうが、体に入った後コレステロールに変化しやすい。
横手幸太郎先生(千葉大学)

隠れ悪玉コレステロール=レムナントコレステロール
アメリカ心臓病学会の研究⇒
薬でコレステロール値を下げた患者のうち50%~80%が心血管疾患を発症している。その原因は、健康診断では見つからないレムナントコレステロール。

食後2時間の血液を採血し、遠心分離機でで10分高速回転させる。すると3層に分離。血球成分+分離材+血清(コレステロール、中性脂肪、血糖などの成分)

血清⇒健康な場合は黄色く澄んでいる。
  ⇒レム何度コレステロールが存在していると白く濁る。

小腸で吸収された脂肪⇒肝臓でコレステロールと中性脂肪に変化。
コレステロールと中性脂肪は一緒に血管から全身へ。全身をめぐるうちに中性脂とコレステロールは切り離される。⇒中性脂肪はエネルギーに、コレステロールは細胞の材料になる。しかし、必要以上に血液中に増えると、コレステロールは中性脂肪とくっついたまま、漂い続ける。これが、レムナントコレステロールの正体。血管の壁から進入し、プラークを形成し、血管を詰まらせる。
LDLをさげるだけでは、だめ。

レムナントコレステロールが増える原因
⇒脂肪分の摂りすぎor中性脂肪の値が高い
①20代の頃より10キロ以上太った;内臓脂肪がたまっていることが多い。
⇒脂肪が肝臓へ⇒レムナントコレステロールがたまる・
②食後の甘いものの摂りすぎ。

中性脂肪は脂肪と名前は入っているが、糖分で増えやすい。
中性脂肪が増えるとレムナントが増えてしまう。
レムナントコレステロールを増やす糖分はお菓子だけではない。炭水化物にも糖分が含まれている。
炭水化物から摂取した糖分が、肝臓で中性脂肪に作り変えられると同時に、食後すぐのお菓子を食べると、肝臓は糖分で溢れる。
⇒多くの中性脂肪が作られる。
⇒増加した中性脂肪に、より多くコレステロールがくっつく。
増えたコレステロール+中性脂肪⇒レムナントコレステロール化

コレステロール、中性脂肪、血糖値の高い方は、食後のデザートに注意。総量が問題

レムナントコレステロールを減らしてくれる物質LPL
LPL⇒血液中を漂うレムナントコレステロールを分解する。
LPLを増やすとレムナントを減らせる。
LPLをふやす方法⇒筋肉をつけるのではなく、使うようにする。

年をとると筋肉量が減る⇒LPLの量も減る。
必死に筋肉をつける必要はない。
筋肉が少なくなっていても⇒残った筋肉を有効に使ってLPLを増やすことが可能。
⇒1階分以上階段上り下りを増やす。

階段の上り下り⇒最も大きい太ももの筋肉を使う⇒少なくなった筋肉でもLPLを活性化1階分の上り下り⇒30段分、

便秘解消⇒食物繊維豊富なココアを飲む。
    ⇒ヨーグルトときな粉。
    ⇒腹筋運動。
水上先生からの電話一本で、気持ちを楽にするだけで、便秘解消。
不安を取り除くだけで、便秘解消。何をやっても変わらない便秘の中にはストレス性のけいれん性便秘がある。およそ5割。

ストレス・不安を脳が感じ取る⇒大腸がけいれん⇒収縮

けいれん性便秘の特徴
①便の形状がコロコロ。
1~2センチの硬い便、不安・ストレスなどで、大腸が収縮⇒便が圧縮し、水分が失われる。
②便秘になるタイミング:生活環境が変わると便秘。体質的にわずかなストレスでも、大腸が収縮し、便秘になる。

腸が開く簡単リラックス法
便秘のこと回数が出ないとか、悩む考えが頭に浮かんできたら、目を閉じて深呼吸をして、ふうーっと吐くときに、その考えを流してあげる。腸の痙攣が取れて出るようになる。2秒息を吸う。
5秒息を吐く。

2019年3月 1日 (金)

名医とつながるたけしの健康の医学2019/1/22

名医とつながるたけしの健康の医学2019/1/22

全身の老化を止める科
新潟大学南野徹教授
体のさびをためない方法
体のさびを取り除くには、ケルセチン
ケルセチンの働き:さびた細胞だけを殺し、正常な細胞は殺さない。
マウスにケルセチンを投与した実験では⇒
血管を柔らかくする/心臓の働きを改善/認知症や肺の病を改善
ケルセチンを配合した治療薬の人での臨床実験が始まっている。

どんな食材に含まれているか
⇒野菜:たまねぎ、ピーマン、アスパラガス、サニーレタスなど、
果物:りんご、イチゴなどのベリー類など。
ケルセチンたっぷりの飲み物⇒お茶。ウーロン茶、紅茶。
ケルセチン1日100mg。:ピーマン30個など。
さびがたまる原因:高血圧・高血糖・たばこ・食べ過ぎ飲みすぎ・睡眠不足など。

目の老化を防ぐ科
眼精疲労を止める可能性のある食事:DHA、EPA
血管の老化防止に効果のある栄養素で、近年目の老化防止にも効果があることがわかってきた。
無賃を出す細胞が活性化⇒涙を目の表面にとどめる⇒眼精疲労防止

青魚に豊富に含まれている。
ぶりはさばの1.7倍含んでいる。

富山県のぶりの食べ方
ぶり一本買い。内臓、頭、骨、三枚おろしの身。
照り焼き、味噌汁、ぶりしゃぶ、塩焼き、刺身、すし、なめろう(みそ、しょうが、ねぎ、おおば)、内臓と背骨の甘辛煮。ぶりのふと【胃袋】ゆがいて、の酢味噌。
えらからあげ。残(残りのあら)は、大根が入った鍋へいれ、ぶり大根。

DHA、EPAを効率的に摂取できるのは、ぶり大根。頭の目の周り。

腰痛を改善する科
西良幸一先生
腰以外の場所が原因の腰痛がある。
お尻キック検査:うつぶせに寝て、足がおしりにつくかどうか。
どちらかの足がお尻につかなければ、腰以外の場所が原因の腰痛。
⇒太ももの筋肉が硬くなっている。⇒伸びなくなる。⇒骨盤が前傾する⇒腰の骨も前に倒れる⇒腰痛。
あまり歩かない、座っていることが多い人。

太もも伸ばし体操などで、9割の患者に効果あり。
横向きに寝る。かかとをお尻に近づけて、手で抑えて、太ももを後ろに振る。
左右10回ずつで1日3セット。

2019年1月13日 (日)

2018/12/4名医とつながるたけしの家庭の医学

2018/12/4名医とつながるたけしの家庭の医学 老化ストップ冬の2大食材&便秘解消ポーズ
血管の老化を止める科
ある食材を食べると、
心疾患の死亡リスク30%減
脳血管疾患の死亡リスク20%減

大根の成分が血管の老化防止に効果が高いと注目されている。
⇒イソチアシアネート
ねずみの実験;脂肪分を含んだ食事+イソチアシアネート⇒動脈硬化がほとんどなかった炎症を抑える効果がある。
動脈硬化を抑える効果がある。
南野教授
大根キャベツ、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜にイソチアシアネートが含まれている。
イソチアシアネートの効果①
動脈硬化を進める活性酸素を除去する作用がある。
イソチアシアネートの効果②
銅客効果の原因となる血管の炎症を直接抑える効果がある。
がんの予防効果
イソチアシアネートが解毒酵素を増やす⇒発がん物質を除去する。その結果、肺がんや大腸がんの発症リスクを下げるという報告もある。
煮る<炒める<酢漬け<塩漬け<おろす(生の1.8倍)
大根の中には、イソチアシアネートの素になる二つの成分が存在する。
噛む、すりおろす→細胞が壊れる→成分が合わさってイソチアシアネート生成。
イソチアシアネートの特有の味:辛味
イソチアシアネートの元になる成分は熱や酸に弱い。
長く漬け込むことでも減ってしまう。
★すりおろす部位→先端部分根っこ側のほうが6.8倍多く、皮にも多い。
★水に溶けやすいため、すりおろした水分に多く含まれている。おろし汁も飲む。
★レモン一切れを加えると、イソチアシアネートが増える。
大根の細胞に含まれる成分は、ビタミンCと合わさるとより多くイソチアシアネートを生成する。
スダチ、カボス、橙も効果が期待できる。

大根の葉は放置するとすぐに枯れて、大根の水分を奪うのですぐにカットする。

肝臓の老化を止める科
脂肪肝の予防改善効果が期待できるスーパー食材が判明⇒大豆
豆腐農家では、大量(6カップ)の大豆を一晩水につけ、煮物にして毎日使う。
呉汁:味噌+油揚げ+豆腐+大豆ペースト
手作り豆腐:大豆と水をミキサーにかける⇒布でこす⇒じっくりとかきまぜ、煮たたせたら、市販のにがりを加える⇒15分置いて固める⇒完成
出来立ての豆腐は温かく、甘い。

大豆の成分の何が脂肪肝を改善ずるのか、
⇒大豆に含まれるタンパク質が、肝臓から分泌される善玉ホルモンのFGF21を増加させる。FGF21という善玉ホルモンは肝臓の脂肪を減少させる。
FGF21は、肝臓の脂肪を減らすのみならず、血糖値、中性脂肪値、コレステロール値も減らすことがわかった。
どれくらい食べればいいのかは、まだ研究中。およそ100gではないかとの研究がある。
納豆25g豆腐1丁80g油揚げ7g味噌汁1杯分の味噌5g。
豆腐屋さんのおからサラダ:
煮込んだ大豆をミキサーでペースト状にしてふきんでこし、豆乳とおからを作る。
そのおからに、ベーコンときゅうり、玉ねぎをあわせる。マスカルポーネチーズを加える。塩コショウで味付け。

便秘症の3割はまがり腸が原因。⇒考える人のポーズが効く。20センチくらいの足台に足を乗せ、肘とひざをつけるくらい前かがみになる。

名医のセカンドオピニオン
肥大型心筋症:心臓の壁が厚くなり、心臓が広がりにくくなり血液が十分に流れなくなり、動悸、めまい、運動時の呼吸困難、胸の圧迫感がおきる。

息切れを起こす全身の疲れやすさ⇒エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)、肺がん、心不全
名医のセカンドオピニオン⇒ファブリー病:老廃物を排出する酵素が不足するため、老廃物がたまり続ける。たまる場所によって全身に症状が出る。