2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

NHKスペシャル

2019年4月16日 (火)

NHKスペシャル隠れ脂肪肝が危ない2019/4/2 NHKスペシャル隠れ脂肪NHKスペシャル隠れ脂肪肝が危ない2019/4/2 肝が危ない2019/4/2

NHKスペシャル隠れ脂肪肝が危ない2019/4/2

肝機能が正常でも安心できない!!
血液検査が正常でも隠れ脂肪肝になっている場合がある。
肝臓の中に、脂肪がたまり続けると、肝硬変や肝臓がんにまで信仰することがある。
脂肪肝は、痰臓器のがん、認知症、心臓病、脳卒中、糖尿病などのリスクを高める。

いわば、万病の元。命を縮めたり、苦しい病気にさせる。
脂肪肝のうちに改善すれば、避けることができる。
中性脂肪が肝臓の中に、入り込んでいる状態。
通常の人間ドックなどでは使われることがないフィブロスキャンという検査機器で、隠れ脂肪肝を発見できる。

240dB/m異常⇒脂肪肝【肝臓の組織5%以上に脂肪が蓄積】
300を越えると肝臓の細胞66%以上に脂肪が蓄積。

肝臓では、食事や脂質を中性脂肪に変えて、蓄える働きと、体で使うためのエネルギーに買える働きがある。
食べ過ぎや、運動不足で、入ってくる糖やあ脂質のほうが多すぎると、脂肪間になる。
アルコールが大量に入ってくると、その分解に追われて、脂肪の分解ができなくなり、脂肪肝になる。

細胞のダメージがないと肝機能の数値には表れあい。
中性脂肪が過剰にたまると、肝臓の細胞は死んでいく。死んだ細胞の隙間を埋める硬い細胞ができてしまう。これが、肝臓全体に広がると、肝硬変となり、栄養素の代謝や毒素の分解ができず、命にかかわることも。

アメリカのミネソタ州メイヨークリニック発表(2万人を20年追跡調査)
脂肪肝は全身のがんのリスクを高める。
胃がん(3.5倍)、すい臓がん(2.7倍)、肺がん’2倍)
そのメカニズムは⇒
マクロファージが集まって、死んだ脂肪を除去する。このとき、異物があるぞ、集まれというメッセージを出す。このメッセージは、血液の流れに乗って、全身に運ばれ、集合を呼びかける。信号を受け取ったマクロファージは、集まれのメッセージに気づかず、異物があるぞというメッセージにだけ反応してしまう。その結果、周囲の正常な細胞を破壊してしまう。その結果がん細胞が生まれやすくなる。
また、その結果、脳卒中、アルツハイマー。心筋梗塞もおきやすくなる。

リスクチェック
Q1 夜食を食べる(寝る前2時間以内の食事も含む)
⇒毎日食べる(3点)ときどき食べる(2点)食べない(0点)
Q2 通勤や買い物などの移動に車を使う
⇒ほとんど車(3点)ときどき車(1点)使わない(0点)
Q3ジュースなどの甘い飲み物を飲む
⇒、毎日飲む(3点)週に1回は飲む(3点)ほとんど飲まない(0点)
Q4 20歳のときと比べて、10KG以上太った?
⇒太った(2点) 太ってない(0点)
Q5 たんぱく質が多く含まれる食品を食べている?
⇒ほとんど食べない(2点)あまり食べない(1点)よく食べる(0点)
肝臓にたまった中性脂肪は、たんぱく質と結合して、肝臓か血液に出て行くため。
Q6 平均睡眠時間は?
6時間未満(1点) 6時間以上(0点)
寝ている間に肝臓の細胞が修復される。
Q7 多量のお酒を飲む頻度は?
ほぼ毎日(8点)週3回程度(3点) 週1回程度(2点) 多量には飲まない(0点)多量のお酒の目安
日本酒3合、ビール1500ml、ワインボトル1本、焼酎300ml

5点まで、リスク低
7点まで、リスク中
8点以上 リスク大

アジア人は、肝臓に脂肪をためやすい遺伝。
非アルコール性脂肪肝の指標
FIB-4 index⇒
AST(IU/L)X年齢(歳)/(血小板数(万/μL)X10XルートALT(IU/L))
横浜市立大学付属病院では、この指標で、非アルコール性脂肪肝を調べている。
1,3以上は、肝臓専門医で詳しい検査をする必要が圧。
2.67以上は、4~8割が肝硬変または肝硬変に近い状態まで進行の可能性。

対策
スクワット1日10回1セット。その後ウォーキング15分
筋トレ+有酸素運動が大事。
筋トレをすると、脂肪をエネルギーに変えろというメッセージが全身に送られる。
メッセージを受け取った肝臓では、脂肪をエネルギーに変えるスイッチが入る。
いったんスイッチが入れば、有酸素運動でもこの反応は持続すると考えられる。

大豆に含まれるたんぱく質に、肝臓の中性脂肪量を減少させる効果がある。
大豆たんぱくVS乳蛋白では、27%VS100%。
詳しい仕組みはこれから解明。
大豆蛋白をとったマウスでは、エネルギーが足りないというメッセージが出ていた。
このため、肝臓でエネルギーを作ろうとするため、脂肪肝が改善すると考えられている。

コーヒーも脂肪肝改善が期待される。カフェインが肝臓に蓄積する脂質を減らす。コーヒーを一日3杯飲む人は、脂肪肝のリスクが約1割低下。
大豆ご飯や、豆乳コーヒーなど。

筋肉量を減らさないようにダイエットする。