2019年8月20日 (火)

通院結果

昨日、定期的に通院している病院にいってきました。

腎臓病の数値の名前を教えてもらいました。

尿中の微量アルブミン指数という名前でした。

ま、一時、悪化していたのですが、少し改善されてました。というか、最初にチェックされたときと同じ数値でした。悪化したのが、戻っていました。

 

血糖値は、自分で測定するキットがなくなっていたので、最近測定してませんでしたが、食後5時間で148。

グリコヘモグロビンは、7.2から少しよくなって、7.1.

体重は、78.3キロで少しやせました。

血圧は、148/84。

もっとがんばって、血糖値を減らさなくては。

最近遅く食べるときは、リンガーハットの野菜たっぷりスープにしています。それにお酢とか、ゆずコショウドレッシングとかかけて食べてます。とろろ昆布がいいそうで、持ち歩こうかな。

2019年6月18日 (火)

検査結果がでました

血糖値が高いことに気づいて、下げるために、生活をいろいろ変えて、食事や運動を工夫していたが、今日、定期的に通っている医院で、グリコヘモグロビンを計ったのですが。

そして、じゃじゃーん!!

7.2になりました。

7.2は、まだ高いけれども、7.9から、7.6そして、ついに、7.2。

もちろん、もっと下げますけど。

とりあえず、うれしいです。

あともうちょっとです。

体重も、79キロです。最高で86キロだったので。

うれしいです。

でもまだまだですけどね。

炭水化物をゼロにするのではなく、減らして、バランスをよくし、健康情報で仕入れたいろいろな食材を、食べて、運動も毎日やって、という積み重ねの成果ですから。

うれしいです。。。。。

2019年6月 6日 (木)

ワードプレスを作っていたときのセキュリティ警告キャプチャなど

以前、ワードプレスを使っていたとき、わけのわからないことがいろいろあり、とりあえず、キャプチャしておいたが、結局手におえず、レンタルサーバーを解約した。

それで、ココログの独自ドメインを使って、記事を書くことにしたが。

せっかくキャプチャ下のだから、とりあえずどんなことがあったか、アップしてみる。

 

2019年5月30日 (木)

いろいろなダイエットありますが

私の4場合、インスリンの出方が遅いということがわかっているので、食べる量を少なくしなければいけない。

けれども、ちゃんと栄養をとる必要があるというわけで、なかなか苦労しています。

歳をとると、たんぱく質をとらないと、筋肉不足になると言われているため、たんぱく質、野菜、ビタミン類、もちろん、主食も必要というわけで。

考えると大変です。

食事だけでなく、運動も、ちゃんとやらないと。。

それで、食事のあとは、できるだけ動くということを心がけています。

動かないときは、あまり食べないようにしているし、寝る前は食べないし。

少しずつ体調がよくなりつつありますし、先日、ついに80キロを割りました。

今度の検診で、グリコヘモグロビンが下がっているか、楽しみ。

2019年5月19日 (日)

プールに行っても食べ過ぎていた

プールに行く回数を増やして、大丈夫と思っていたが、仕事帰りに、プールに行き、帰ってから、夜中に食べていた。

その結果、ますます数値が悪くなっていった。

プールに通ってるから、少しぐらい食べても大丈夫と思って、食べすぎとか、夜中にチョコとか、やっていた。

それがいけなかった。

また血糖値が下がるのは、ウォーキングのほうが、下がる。

プールでは、かえって血糖値が上がるときがある。

サウナがいけないのか?

食事の量を減らし、間食をやめて、数値がよくなってきた。

しかし、今、足踏み中。

どうしたらいいだろうか?

ただ、体が軽くなってきて、楽。歩くのも、つらくない。

もっと体重を減らすためには。。。。。

ダイエットフードか、倉庫内作業か。

 

 

 

 

 

2019年5月14日 (火)

糖尿病の病歴

最初に、糖尿病という言葉を知ったのは、夫の健康診断結果から。

教育入院することになり、私も参加すべきだったが、仕事があるので、いけず。

 

夫の病歴については、長くなるので、また今度ということで。

その次にその言葉を聴いたのは、私の人間ドックの結果から、グリコヘモグロビンがすれすれの6.0だったため、ブドウ糖付加検査を追加でうけたところ、境界域糖尿病との診断。

インスリンが遅れてでていて、血糖値が二つの山になっていたため。

それは、たしか、20年位前。

体重を減らすように言われて、10キロくらい減らした。

それから、リバウンドし、ついに糖尿病宣告を受けたのが10年位前。

それで、とある事情もあり、体重を減らし、空腹時血糖値も、00以下にまで下げて、すべて正常にした。

そのときは、食事と、運動、それから、倉庫内作業、客室清掃など、仕事も体を使う仕事をして、やっと下げられた。

しかし、現在、遅くまでコールセンターの仕事をし、夜家に帰ってから、12時ごろ食べる生活を続け、ついに、コントロール不良のレベルになってしまったというわけ。

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月12日 (日)

血糖値測定してびっくり

グリコヘモグロビンが7.9になっても、なにかの間違い、食べすぎと思ってたのですが。

空腹時血糖を自分では買ってびっくり。

156。これは明らかに異常。

というわけで、あわてました。

以前、100以下に下がらないので、下がるまでがんばりましたが。

今回は、何とか正常値にしたいと思って、一日に3回も測定したことがありました。

24時間測定できるのが欲しかったのですが、お医者さんに聞いたら、インスリン投与されてなければ、自費負担で、数万円かかるといわれて、あきらめました。

それで、朝だけでなく、寝る前とかも、計ってみたところ、昼夜おいしいものをしっかり食べると、夜227とかになっていて、これまたびっくり。

 

食後高血糖もかなりあるわけで。

プールのあとも、血糖値が145とかあり、その次の日の空腹時血糖も、140など。

プールにいかずに、食事を減らしたときのほうが、空腹時血糖は低かったりするわけで。

最低で、空腹時血糖が115にまで下がりましたが、まだまだ。

ちょうどキクイモの季節でキクイモを爆買いし、毎日食べてました。

体重も、5キロぐらい減り、グリコヘモグロビンも、7.6にさがりましたが、まだまだ。

お医者さんには、継続してくださいといわれましたが。

 

ところで、腎臓病の今日の健康を見たところ、低血糖も、低血圧も、腎臓に悪いとか。

血圧降下剤を飲んでいると、スポーツなどで、下がりすぎることがあり、それは危険なことなのだと。

やはり、なんとか、正常値に戻したいです。

 

 

 

 

 

2019年3月 1日 (金)

医者との戦い

糖尿病宣告されてから、はや7年くらいでしょうか。
そもそも、境界域糖尿病と宣告されたのが、さらにさかのぼること、約20年前くらいでしょうか。
HA1Cがぎりぎりの数値だったので、追加で虎ノ門病院のブドウ糖付加検査を受けて、インスリンの出が悪いため、血糖値が山が二つになっているといわれました。
それから、1300キロカロリー以下にして、運動をしなさいといわれ、昼食時は散歩して、遠くまで行き、食事内容も減らして、体重も減らしました。
しかし、年とともに、ついに、糖尿病宣告されてしまって。。。
今は、最新の検査で、HA1Cが7.9になってしまいました。
地元の医者に通ってます。
しかし、いろいろあって、2軒目。
医者の目的は、薬を処方しようとしているのがみえみえ。と、思います。
最初の医者のときは、それほど数値も悪くなかったので、EPAと更年期障害の漢方薬と、エクア(インクレチン関連薬)。
しかし、体重は、15キロくらい減らしました。
プールと食事療法と、体を動かすバイトで、減りました。
しかし、コールセンターで体を動かさなくなり、またストレスもあり、リバウンド。
最大86キロくらいまでいってしまい、それから、いろいろ戻して現在81.5キロくらい。
その間、血圧が高くなり、腎臓病になる直前と言われ、血圧の薬を処方されないように、血圧を下げました。
食事療法などなどで、何とか下げました。
すると、今度は血糖値が徐々に上がり、ついに7.9。
ここまで上がるとアウトで、次には薬が処方されそうなので、キクイモを見つけて、買いまくり、食べまくり。
なんとか、血糖値を下げて、薬を処方されないようにしようと思っています。
健康情報番組で、勉強しています。
腎臓病の特集で、血圧を下げる薬を使っている糖尿病患者の場合、血圧を下げる薬で、悪化するケースを知りました。
糖尿病による腎臓病が心配されているとき、糖尿病医は、安易に血圧を下げるよう指導し、薬を出しますが、それにより悪化する可能性には注目しないとしたら、怖いですよね。
夫も、糖尿病と高血圧で、血圧を下げる薬をずっと飲んでましたが、最後は腎臓が悪化しました。
もしかすると、悪影響があったかも。
糖尿病と腎臓病の両方について詳しい知識のある医者はまれかも。
自分で気をつけないといけません。
とにかく、薬を処方して金儲けしようとする医者と、戦っている感じ。
いやですね。

2018年12月16日 (日)

体重が減り、血圧が下がってきました

このごろ、スペシャル味噌や、酢玉ねぎの情報を、実際に実践しています。
そして、なんと、効果が出ました。
血圧が高かったのですが。
正常に!!
今朝130/73!!
テレビの情報で、実際に下がりました。
あとは、しょうがと梅干、昆布の粉末をご飯に混ぜて炊くとか、おでんの昆布を食べるとか、舞茸の味噌汁を食べるとか。
蓄膿症のため、朝鼻が詰まることがあり、睡眠時無呼吸症候群になっているみたいなときもあって、蓄膿症の漢方薬を飲むようにしていましたが、カンゾウの入った漢方薬を飲み続けると、血圧が上がるという情報を仕入れたため、やめました。
血糖値を計るのもいいけれども、血圧を測るほうが、簡単だし、結構血圧が高いことによる悪影響が大きいので、血圧を気にしています。
やはり、血圧が下がると調子がいいです。

2018年10月14日 (日)

なかなか体重が減らないです

健康情報を、いろいろ実践していますが、なかなか体重が減りません。
歳が歳なので、食事を減らすのは、だめ。
サルコペニアで筋肉が減ると困るから。
舞茸と、梅干を、餅麦を混ぜた玄米ご飯に炊き込み、食べていますが。昼は外食。
仕事のある日は、外食が楽しみ。
プールで、水中ウォーキングやストレッチをしていますが。
少しずつやせていますが。
85キロから、82キロ程度です。
でも、がんばらなくっちゃ。
座り仕事に、テレビ漬け。
体にはよくない生活です。
最近はじめたのが、スペシャル味噌。
舞茸の味噌汁に、入れます。
血圧が高いので、何とか下げたい。
血糖値も高いので大変。
ダイエットに2回成功していますが、リバウンド中。

«体重増加の原因は食べすぎだけではなかった